鬼滅の刃

炭治郎の痣の意味は?竈門炭治郎の痣やおでこの傷が気になる!


鬼滅の刃の主人公である竈門炭治郎は、鬼をも思いやる慈しみ深き温かい優しさと、少し四角四面な所もある真面目な性格が魅力的なキャラクターです。

そんな炭治郎の容姿の特徴として、おでこに火傷の様な痣があげられます。痣は左目の上部分にあり、その痣がついた原因は、弟が火鉢を倒した時に庇って出来た火傷と、炭治郎が語っています。

このエピソードは10巻第81話タイトル「重なる記憶」にて掲載されています。

炭治郎の痣は弟を守った名誉の負傷だったんだね!

炭治郎の痣の意味は?おでこの痣(傷)が新たな模様に出現!?

そんな炭治郎の特徴的な痣、さっそく2巻の表紙から痣の模様が変わっています理由は、鬼殺隊の最終戦別での鬼との対決にあります。

最終選別で、炭治郎の鍛錬の相手やアドバイスをしてくれた錆兎と真菰を殺し、鱗滝を憎む(昔、鱗滝に捕らえられそのことを恨んでいた)鬼と戦った炭治郎。その時に鬼から殴られ、が流血し模様が変わりました。錆兎と真菰の仇である鬼を見事に倒し、傷も癒えた炭治郎でしたが、痣の模様は変わったのでした。

 

傷がついたエピソードは、7巻第7話タイトル「亡霊」に掲載されています。

炭治郎の痣は、新たに流血したことにより模様が変わったんだね
痛々しい…

炭治郎の痣の意味は?おでこの痣はどうやって現れた?

炭治郎に新たな模様の痣が発現します。これは十二鬼月でも不動の強さを持つと言われる上弦の上弦ノ陸との戦いのときに発現しました。炭治郎を含めた音柱一同と、兄妹で上弦ノ陸の堕姫と妓夫太郎は混戦を極め死闘となりました。

 

疲弊を極めた中、炭治郎は最後に限界を超えた力を振り絞り、渾身の一撃を超えた力を捻り出しました。その時に額の痣の模様が浮かび上がるように変化したのです。

このエピソードは11巻第94話タイトル「何とかして」に掲載されています。厳しい鍛錬を乗り越え、強敵との死闘を迎えたのが切っ掛けとなりました。

炭治郎の痣は、火傷の傷から渾身の力を振り絞ると変化するものに変わっていったんだ!

炭治郎の痣の意味は?おでこの痣の伏線とは?


病状の悪化により柱合会議に出るのが不可能になった産屋敷輝哉の代理を務める、産屋敷あまねが柱の面々に痣の発現について伝えました。痣は鬼殺隊の力を増幅させること、さらなる鬼殺隊強化のために、痣を発現を試みること。そしてその痣について、重要な2つのことを伝えました。

痣の発現について
  • 戦極の時代、鬼舞辻無惨をあと一歩という所まで追い詰めた始まりの呼吸の剣士たち、彼ら全員に鬼の文様と似た痣が発現していた
  • 痣の者が現れると共鳴する様に周りの者たちにも痣が現れる

このエピソードは15巻第128話タイトル「御教示願う」に掲載されています。加えて痣を発現させた時透が以下2つの痣の発現条件を伝えました。

痣の発現する条件
  • 39度以上の体温になること
  • 心拍数は200以上であること

これほど体に負担をかけて生きていられるかが痣が発現するかどうかの分かれ道です。このエピソードは15巻第129話タイトル「痣の者になるためには」に掲載されています。上弦ノ陸堕姫との戦いの際、「熱が出ている状態だと調子がいい」と語っていました。

この際の回想が今回の痣の者になるための条件に繋がり、伏線となっています。この時のエピソードは9巻第78話タイトル「ぐねぐね」に掲載されています。

炭治郎が痣を発現させるのは命がけだ…

炭治郎の痣の意味は?どうして時透と蜜璃に出現したの?

この投稿をInstagramで見る

 

#鬼滅の刃 #恋柱 #甘露寺蜜璃 #花澤香菜

鬼滅の刃(公式)(@kimetsuno_yaiba_off)がシェアした投稿 -

なぜ一番に時透と蜜璃が共鳴したのかを考察しようと思います。痣は共鳴する様に周りの者たちにも現れるという、産屋敷あまねの情報がカギとなります。

 

痣の発生が頻繁になった炭治郎、常人離れした肉体を持つ柱、強力な敵、という条件がそろえば、その場にいた時透と蜜璃に痣が発現してもおかしくはありません。

痣が現れると共鳴する様に周りの者たちにも痣が現れるとかいてあるので、いつもの隣にいる蜜璃は痣が出現するのは当然のことだね!

    炭治郎の痣の意味は?痣によって寿命が縮む?


    痣があるものが寿命が縮む理由としては、肉体にあまりの負荷をかけるからと推測されます。体温は39度、心拍数は200以上、そんな状態では常人は体を動かすこともできませんよね。というか生きていられるのでしょうか?

    さらなる強さを手に入れることができる、痣の発現。それは命の前借り、消費と同じような原理で、自分の限界を超えた身体能力を得る代わりのハイリスクなものとなっています。

    戦ってほしいけど、無理はしてほしくないし…複雑!
    おすすめの記事