【鬼滅の刃】痣の謎と意味とは?効果やデメリット・発現条件を考察!

【鬼滅の刃】痣の謎と意味とは?そもそも痣とは??

大ヒット人気漫画「鬼滅の刃」に置いて、主人公や登場人物達が、特定の条件を満たすと体や顔に浮かび上がる紋様のような痣のことを言います。

傷や打撲などで出るではなく、体の内側から浮き出てくるような痣です。

が出現したものは攻撃力や術の速さが格段に上がり、柱3人分の力に匹敵するとも言われています。

また、戦国時代に鬼の始祖である鬼舞辻無惨を後一歩のところまで追い詰めた始まりの剣士達にもが出現したと言われています。

【鬼滅の刃】痣の謎と意味とは?痣を出すための条件は?

 

を出現させるためには条件があり、炭治郎の次にが出現した霞柱時透無一郎が考察していました。

それは

  • 体温を39度以上に上昇させること
  • 心拍数200以上にするということ

です。

さらに鬼に対する怒りや悲しみがきっかけが出てくる可能性が高いことがわかりました。

しかしこの条件を満たすことは至難の技であると感じます。

また、痣もちのもの者が現れると連鎖したかのように才能がある他の者も痣が現れるとされています。

今回の最初のの持ち主は炭治郎です。その後、柱たちにもが出現しています。

【鬼滅の刃】痣の謎と意味とは?痣を出すことのリスクは?

の出現はいい事ばかりではなく、自分の体を極限まで極めるためリスクがあります。

それは25歳までしか生きれないということです。

例外もいますが基本的にの出現は、爆発的に能力が上がる分、体に大きな負担がかかります。

そのため、命の前借りと言われて、ほとんどの痣者が25歳までに亡くなってしまいます。

【鬼滅の刃】痣の謎と意味とは?鬼殺隊の中で痣がある人物は?

鬼滅の刃には、炭治郎はじめ、を出現させたものが数名います。

【鬼滅の刃】痣出現キャラクター 恋柱・甘露寺蜜璃

恋柱・甘露寺蜜璃
鬼殺隊の「」の1人です。
とても可愛らしいキャラクターで、髪の毛がきみどり色とピンク色ととても特徴的な髪型をしています。
炎の呼吸の派生である恋の呼吸を使いこなし、とても体が柔らかく特徴的な刀を用いて戦います。
また、見た目からは想像できないくらいの筋肉の持ち主で、一般の人の8倍以上も筋肉密度を誇っています。
そんな甘露寺を出現させたのは、上弦の肆である半天狗との戦いの途中で、胸元に痣を出現させました。

【鬼滅の刃】痣出現キャラクター 岩柱・悲鳴嶼行冥

岩柱・悲鳴嶼行冥
鬼殺隊の「」の1人で、リーダー的存在です。
岩の呼吸全集中の呼吸の使い手です。
また、盲目であるにもかかわらず、「鬼殺隊最強」との異名を持つ人物です。
悲しい過去を持っており、いつも慈悲の心を持ち涙を流しています。
痣がいつ発生したか正確にはわかっていませんが、上弦の壱である黒死牟との戦いの時には痣は出現していたと考えます。
しかし悲鳴嶼は唯一25歳を超えており、決戦時は27歳でした。
そのため黒死牟には「今日中に死ぬ」と言われてしまいます。

【鬼滅の刃】痣出現キャラクター 水柱・富岡義勇

https://twitter.com/FNQBiB4reKrJn9d/status/1183589693901824006

水柱・富岡義勇
炭治郎禰豆子が初めて出会った鬼殺隊の「」です。
水の呼吸の使い手で、無口な人物です。
過去に姉を鬼に殺されたことから鬼殺隊に入隊します。
の発生は、上弦の参である猗窩座との戦闘中でした。
怒りによりを出現させることができました。

【鬼滅の刃】痣出現キャラクター 風柱・不死川実弥

風柱・不死川実弥
鬼殺隊の「」の一人で、風の呼吸の持ち主です。
体や顔は傷だらけで、いつも目が血走っています。
性格もとても気性が荒く言動も乱暴的ですが、年上にはとても敬意を払い、常識人の一面も持っています。
鬼に対して並々ならぬ憎悪を持っており、禰豆子さえも許しませんでした。
また、炭治郎の同期の不死川玄弥の兄でもありますが、弟が鬼殺隊に入隊したことを許していません。
上弦の壱である黒死牟との戦闘中にが出現しました。

【鬼滅の刃】痣出現キャラクター 霞柱・時透無一郎

https://twitter.com/Minta_3341el/status/1235554774155538433

霞柱・時透無一郎
鬼殺隊の「」の一人で、刀を持って2ヶ月で柱になった14歳の少年です。
風の呼吸から派生した霞の呼吸の使い手であり、始まりの呼吸の子孫でもあります。
上弦の伍である玉壺との戦いの最中にを出現させました。
時透には悲惨な過去があり、ショックから過去の記憶を失っていました。
しかし玉壺の卑怯極まりない戦い方に怒りを感じ、過去の記憶を取り戻した時、を出現させました。

【鬼滅の刃】痣出現キャラクター 竃門炭治郎

竈門炭治郎
炭治郎は物語の主人公で、炭治郎の世代で最初にができた人物と言われています。
生まれた時から痣があった訳ではなく、小さい頃、額にやけどを負い額にができてしまいました。
そのため最初の痣は鬼との関係はなく、事故であったと考えます。
額のが変化したのは、上弦の陸の堕姫・妓夫太郎との戦いの最中にです。
怒りに震え最後の力を出そうとした時に紋様のような痣に変化しました。

【鬼滅の刃】痣出現キャラクター 上弦の壱・黒死牟

上弦の壱・黒死牟
無惨の配下の精鋭・十二鬼月の頂点に君臨する鬼で、上弦の壱と言われており、六つの目を持った最強の鬼です。
もともと始まりの剣士達の一人で、始まりの呼吸の使い手である、緑壱の兄でもあります。
人間時代に呼吸を学び、生まれつきの痣持ち緑壱の影響で額に痣ができたと考えられます。
鬼になった後は、顎にも痣のような模様ができています。

【鬼滅の刃】痣出現キャラクター 縁壱

縁壱
始まりの呼吸の持ち主であり、無惨を後一歩まで追い詰めた人物です。
炭治郎の記憶に何度も出てくる人物で、戦国時代に炭治郎の祖先に想いを託した人物です。
上弦の壱である黒死牟双子の弟であり、小さい頃から驚異的な強さを持っていました。
そして生まれた頃から額に痣を持つ唯一のキャラであり、他の痣者とは異なっており常に痣が出現しています。
また25歳を超えて生き延びた人物で、痣があるにもかかわらず80歳くらいまで生きていました。

【鬼滅の刃】痣の謎と意味とは?効果やデメリット・発現条件を考察! まとめ

鬼滅の刃の中で、痣の出現は無惨を倒すためには欠かせないキーポイントだということがわかりました。

の紋様は人それぞれ異なっており、体に広範囲に出るものや、ワンポイントのような紋様などあり、もしかしたら強い人や思いが強い人ほど痣が大きく出る傾向があるのかなと感じました。

また、岩柱である悲鳴嶼が27歳であるのにが出ても死なない理由は、無惨を倒すために絶対に必要な人物であったからではないかと思いました。

柱合会議でが発生した者は25歳までしか生きれないと報告を受けたにもかかわらず、柱達は動揺することなく、無惨を倒すことだけに情熱を注いでいるところにとても感銘を受け、無惨を倒すためにこの柱達が揃ったのだなと思いました。

鬼滅の刃」の無惨との無限城最終決戦は、ハラハラドキドキはもちろんの事こと、涙無しには見れないとても熱い戦いになっています。

是非についての謎を読み解き、今以上に「鬼滅の刃」にどっぷりハマってみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事