gメン打ち切りの理由は?gメンの映画はいつまで上映?あらすじや相関図も解説!

gメン 打ち切り 理由

Gメン』(ジーメン)は、小沢としお先生が2014年から2018年まで『週刊少年チャンピオン』にて連載していた漫画です。

単行本は国内累計発行部数150万部を突破した作品で、2023年8月には実写映画も公開されました。

そんな人気作と呼べる『Gメン』ですが、ネット上で検索してみると、サジェストに「打ち切り」と出ることがあります。

ゆう

基本的にこのようなワードが出るのは珍しいので、映画版に何らかのトラブルがあったのか、それとも原作漫画自体が打ち切りになったのかと考えてしまいますよね。

そこで今回は、『Gメン打ち切りの理由は?』『Gメンの映画はいつまで上映されているか』、この2つに関して解説していきます。

目次

電子書籍サイトの最新お得情報

引用元:マンガBANG

\ 期間限定!全作品、何冊でも50%還元!/

>>公式サイト:https://manga-bang.com/

gメン打ち切りの理由は?

結論から言うと、漫画版のGメンは打ち切りになった訳ではなく、無事完結しています。

『週刊少年チャンピオン』にて、2014年52号から2018年18号まで連載されており、単行本は18巻(全161話)まで現在も書店・電子コミックサイトなどで発売中です。

ゆう

ではなぜ、サジェストに打ち切りと出るようになってしまったのでしょうか?

gメンの漫画が打ち切りと言われるのはなぜ?

Gメンの漫画が打ち切りと言われるようになった理由として、『実写映画版と漫画版の予定・都合が交ざってしまった』というものが挙げられます。

2023年8月25日に公開となった実写版「Gメン」ですが、もともと公開は、2022年の秋を予定していました。

しかし、「複数人のコロナ感染によるスケジュール調整が必要になったため」という理由にて公開が延期となり、その結果2023年夏に公開となったのです。

実際に、2022年1月には主演の岸優太さんのコロナ感染が確認されています。

ゆう

この延期という部分を打ち切りと勘違いした人が複数人出たことから、Gメン=打ち切り、と関連付けられてしまったと考えられます。

gメンの作品情報

実写映画版では、主演をKing & Princeの岸優太さんが勤めるとのことでファンの間でも話題になりました。

そのため、「実写映画版は見ていても漫画版の知識はない」、「好きな俳優が出ているけれど作品知識がなくても見れるの?」と心配になる人もいるのではないでしょうか?

『Gメン』に初めて触れる・もっと世界観を知りたいという方向けに、ここでは作品についてをご紹介します。

gメンのあらすじ

本作のあらすじは、主人公である門松勝太が彼女を作るために、周囲2キロメートル内に4つの女子高がある「卒業までの童貞喪失率120%」と噂される、私立武華(たけはな)男子高校に転校してきたところから物語が始まります。

入学試験の学力順に組を分けるという特徴がある学校で、A組からF組は成績によって昇格、降格があるがG組のみは「肥溜め」とも評され、G組からの昇格は一切無いとされています。

そんなG組に配属された勝太は当然周囲の女子からも相手にされませんが、それでも「彼女を作りたい」という夢を捨てきることが出来ず、仲間たちと奮闘する姿を描いたヤンキー青春漫画となっています。

gメンのキャラクター

次に、Gメンに登場するキャラクターも紹介していきます。

キャラクター名をクリック(タップ)すると詳細を見ることが出来ますので、是非チェックしてみてくださいね。

門松 勝太(かどまつ しょうた)

女の子にモテたいがために転校してきたが、1年G組に編入される。性格は一本筋の通った性格をしており、曲がったことを嫌い、特に女性に手をあげる男等に関しては容赦がない。

瀬名 拓美(せな たくみ)

「武華のプリンス」の異名をとる美男子。登場時はA組。八代の奸計で勝太が女生徒を殴ったと思い込んでタイマンを張るが、誤解が解けた後は勝太らと友情が芽生え、望んで「G組堕ち」してきた。

梅田 真大(うめだ まさひろ)

サングラスを着用し、髭を生やした男子生徒。年齢より老けた外見。1話で転校してきた勝太を職員室からG組へと迎えに来た。

肝田 茂樹(きもた しげき)

眼鏡を着用し、後ろ髪を伸ばした太った男子生徒。オタクだが社交的で、G組のヤンキーたちとも仲が良い。

薙 竜二(なぎ りゅうじ)

1年G組。左頬に傷のあるヤンキー。クラス一の武闘派。

gメンの相関図

Gメンでは基本的に、主人公である勝太をメインに描かれています。

バカやオタク、問題児と称されるクラスメイトと紆余曲折を経て絆を深めたり、ヤンキー漫画らしく殴り合うといった描写も見られます。

ゆう

個性的なキャラクターが数多く登場するので、「かっこいい」「可愛い」と感じる人物もきっといるはず。

gメンの映画はいつまで?

映画「Gメン」はいつまで上映されるのかについてですが、 2023年内で上映が終了する可能性が高いと予想します。

その理由として、一般的に1ヶ月から1ヶ月半程度が通常の映画の上映期間とされているため。

しかし興行収入ランキング上位10位以内をキープしていれば、最低でも2週間は上映が続くとも言われているので、2023年8月25日に上映が開始されたGメンは映画館での人気が高ければ、2024年にも上映されているかもしれません。

gメンを上映している映画館は?

映画「Gメン」は、全国各地のTOHO映画館での上映がされています。

映画館によっては上映終了日よりも先に公開を終了してしまうこともありますので、各映画館のホームページを事前に確認するようにしましょう。

gメン打ち切りの理由を調べる人によくある質問

Gメンはいつから公開ですか?

2023年8月25日に上映開始しています。

Gメンの原作は?

小沢としお先生が2014年から2018年まで『週刊少年チャンピオン』にて連載していた漫画です。

吉岡里帆は映画2023で先生役を演じる?

演じます。写真やキャラクターPVなども、既に公開されています。

Gメンはどうやって読めますか?

週刊少年チャンピオンやコミックシーモアなどで読むことができます。

まとめ

Gメンが打ち切りと言われるようになった理由は、「複数人のコロナ感染による実写映画の延期」であることが分かりました。

原作漫画自体は特にこれといったトラブルなどもなく、無事最終回を連載していましたので打ち切り説の可能性はなくなりましたね。

Gメンは予備知識などは必要なく、初めての方でも楽しめる作品です。

ゆう

ですが予め簡単なあらすじを頭に入れておくとさらに楽しめるのもまた事実ですので、興味のある方はぜひ映画版・漫画版を共にチェックしてみてください!

電子書籍サイトの最新お得情報

引用元:マンガBANG

\ 期間限定!全作品、何冊でも50%還元!/

>>公式サイト:https://manga-bang.com/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次