ボルト打ち切り理由の真相は?つまらない?その理由や噂の背景について徹底解説

ボルト 打ち切り 理由

週刊少年ジャンプで過去に大ヒットした作品『NARUTO』のその後を描いたスピンオフ作品『BORUTO』。

本作品について「打ち切り」や「最終回」といった声が上がっているようです。

こちらの噂について本記事では噂の真相から、噂が流れた背景まで徹底考察していきます。

ぜひ最後までお読みください。

目次

電子書籍サイトの最新お得情報

引用元:マンガBANG

\ 期間限定!全作品、何冊でも50%還元!/

>>公式サイト:https://manga-bang.com/

ボルト打ち切りは本当?

まず結論から申し上げますとボルトの打ち切りについて、今のところ可能性はないといえます。

本作品の打ち切りについてもネット上の噂程度のものしかなく、作品の流れや公式の動き的にも打ち切りの動きはないといえるでしょう。

ボルトは現在コミックス20巻まで発売しており、アニメについても第2期の制作が発表されています。

アニメ制作が決定している作品をこれから打ち切りにしていくとも考えにくいため、直近で打ち切りになるとは考えにくいでしょう。

またボルト単体だけでなく、『NARUTO』という作品が一つのコンテンツのように今なおイベントなどの開催を続けています。

日本のみならず海外でも人気の作品のため、今後もこの世界観が続いていくことを期待されているでしょう。

ゆう

ボルト・ナルト両作品が人気であることからも、現時点で打ち切られる可能性は非常に低いといえますね。

ではなぜ本作品の打ち切りについて噂されていったのでしょうか。

ボルト打ち切りの理由は?噂の背景は?

前述したとおり、本作品は大人気作品「NARUTO」と世界観やキャラクターなどが繋がっているスピンオフ作品です。

このことからボルトのファンだけでなく、ナルトからのファンも多くいるため打ち切りによくある”不人気”などということもないでしょう。

では今回の噂がネット上で出回るまでにはどのような背景があったのでしょうか。

調べてみたところ、いくつかの理由から打ち切りの噂につながったようです。

噂の背景には以下の内容が関連しているのでしょう。


  • アニメ第一期の最終回を打ち切りと勘違いした
  • ボルトが「つまらない」といった噂がある
  • 週刊少年ジャンプからVジャンプへ移籍したため
  • 脚本家降板により打ち切りになったと勘違いした

本作品は連載当初と比べ人気が低迷した時期があるなど、たしかに打ち切りを想起させるようなことも過去にありました。

そういったいくつかの要素から噂が広まったようです。

打ち切りの噂の要素とされているいくつかの理由を深堀していきます。

噂の背景①:アニメの最終回を打ち切りと勘違いした

漫画版ボルトではなく、アニメ版について「第一期終了が打ち切りによるもの」といった誤情報が出回り噂となったようです。

アニメが打ち切りではないことは第二期制作が決定していることから確実といえるでしょう。

アニメ版ボルトは136話までをオリジナルストーリーで展開しており、137話から漫画版のストーリーに突入しています。

いわゆるアニオリから展開されていったことも打ち切りを噂されたことに関連付いているのかもしれません。

噂の背景②:ボルトが「つまらない」「やめてほしい」といった噂がある

ボルトという作品を調べた際に、「打ち切り」のほかに「つまらない」「やめてほしい」といった噂が上がってきます。

こちらについては本作品が連載以前から非常に期待されていたことによるものでしょう。

ボルトのもととなっている作品「NARUTO」は国内外問わず、完結から10年経つ現在もファンの多い大人気作品です。

そんなナルトのスピンオフ作品が始まる、と決まった際には多くのナルトファンが注目、期待していました。

しかし実際にはその期待値を超えることができなかったということでしょう。

作品の内容、作画など、ナルトを超える作品にはなり得なかったようです。

その結果、読者から「ボルト つまらない」「やめてほしい」などといった声が上がったのでしょう。

ゆう

前作主人公のナルト、ライバルのサスケがスピンオフで弱体化され、内容がインフレ化してしまった点ががっかりした、などといわれているようです。

噂の背景③:週刊少年ジャンプからVジャンプへ移籍したため

本作品は連載当初、週刊少年ジャンプで連載されていました。

しかし、週刊少年ジャンプでの連載は2019年28号までで終了しており、同じ集英社の「Vジャンプ」にて2019年9月号から移籍連載しています。

一度週刊少年ジャンプで終了したことで連載が打ち切り終了となったと勘違いした読者が「ボルト 打ち切り」と広めた可能性があるでしょう。

実際にはVジャンプに移籍した、ということになります。

噂の背景④:脚本家降板により打ち切りになったと勘違いした

ボルトは連載当初、原案にナルト作者の「岸本斉史」先生、脚本家に「小太刀右京」先生といった制作体制でした。

しかし現在は岸本先生原案ではなく、原作監修に岸本先生が携わっている状態です。

ゆう

原案から、原作監修に変わることで、これまで小太刀先生に任せていた脚本を岸本先生が手掛けることとなります。

本作品が「つまらない」などといわれ連載当初よりも人気が低迷していた頃、突如ジャンプ編集部より「原作監修に岸本先生が携わる」といった発表がありました。

こちらについては「当初の予定通り」ということですが、ネット上では様々な推測をされていたようです。

なかには「小太刀先生の脚本でつまらなかったから岸本先生に変更になった」などといった声もあります。

このような声が影響して打ち切りの噂につながったのでしょう。

ゆう

たしかにNARUTOファンが期待している展開を一番に知っている方は岸本先生なので物語が進むにあたり、きりのいいところで岸本先生が手掛ける予定は当初からあったのかもしれません。

「ボルト 打ち切り 理由」が気になる人がよく思う疑問

ボルトはいつ完結しますか?

テレビアニメ「BORUTO-ボルト-NARUTO NEXT GENERATIONS」は2023年3月26日に第一部最終回を迎えます。

ボルトって終わったの?

漫画「ボルト」は完結していません。

ボルトに何があったのですか?

ボルトは連載期間中に「原案・岸本斉史」先生から「原作監修・岸本斉史」先生に変更されました。

ボルトでサスケが死亡したのは何話?

作中で佐助は弱体化しましたが、死亡していません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ボルトは噂の内容と異なり、打ち切りになっていないことがわかりました。

また今後も打ち切りになる予定はなさそうです。

噂の背景については以下の内容が影響していることがわかったでしょう。


  • アニメ第一期の最終回を打ち切りと勘違いした
  • ボルトが「つまらない」といった噂がある
  • 週刊少年ジャンプからVジャンプへ移籍したため
  • 脚本家降板により打ち切りになったと勘違いした

大人気作品ナルトのスピンオフでもあるため非常にファンの多い作品であるボルト。

このことからも多くの噂が出回るのでしょう。

今後も何かと話題になりそうな本作品、アニメ第二期に向けて漫画やアニメに触れてみるのもいいかもしれません。

電子書籍サイトの最新お得情報

引用元:マンガBANG

\ 期間限定!全作品、何冊でも50%還元!/

>>公式サイト:https://manga-bang.com/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次