ハイキュー

「ハイキュー」は2012年より「週刊少年ジャンプ」に連載されているシリーズ累計3,800万部を突破した人気バレーボール漫画です。その中でも烏野高校排球部2年生田中龍之介の姉、田中冴子は固定的なキャラクターとしてファンの間で人気です。

田中冴子とはどのようなキャラクターなのでしょうか。登場シーンやかっこいい和太鼓応援団も紹介します。

「ハイキュー」田中の姉ちゃんこと 田中冴子のプロフィール

「ハイキュー!!」にはバレー部のメンバー以外にも個性的なキャラクターがたくさん登場します。その中の一人が、烏野高校バレー部二年の田中龍之介の姉、田中冴子です。田中冴子について紹介します。

田中冴子プロフィール
  • 名前:田中冴子(たなかさえこ)
  • 年齢:21歳
  • 誕生日:5月5日
  • 身長:155.2㎝
  • 体重:48.8kg
  • 好きな食べ物:ホームランバー
  • 悩み:弟のカッコ良さを解る女子がいない
  • 外見の特徴:金髪のおかっぱ頭、谷間ができる程立派な胸
  • 性格:サバサバしていて豪快

田中冴子は21歳の大学生。性格はサバサバしており、まさに「姐御!!」と呼びたくなる女性です。見た目は派手な美人で、スタイルも抜群。だけど色気よりは「カッコ良い!!」とみんなが思うような女性です。

とても弟思いで、田中の頼みで日向たちを合宿所まで連れて来てくれたり、その後は烏野の試合に応援団としていつも駆け付けてくれます。バレーボールに関しては素人ながら、熱い応援で烏野の皆を勇気づけてくれる存在です。

また、とんでもない酒豪でもあり、烏野の鵜飼監督など、年上の男性たちと酒盛りしてかなりの量を飲んでいたり、Vリーグの試合観戦の間ビールを次々飲みながら顔色ひとつ変えていなかったり、という描写があります。

スタイル抜群で弟想いの熱い女の人なんだね…
女性から見てもかっこいい存在だわ

「ハイキュー」田中の姉ちゃんこと 田中冴子 登場シーン

烏野バレー部では無いものの、彼らの応援役として大事なシーンで度々出てくる冴子さん。次からは彼女の登場シーンを見ていきたいと思います。

田中家での期末テストの勉強

最初に登場したのは、期末テスト前の勉強会の時です。テストで赤点を取ったら補習となり合宿に参加できないと聞いて、日向たち赤点危険組は田中の家で勉強会をはじめます。

そこで現れたのが冴子さんです。西谷に「姐さん」と呼ばれ、他の二年生たちからも「かっけぇ」と言われることからも、冴子さんという人物がわかります。

女子大生ですが、弟から言われると「バイトと練習しかしていない」そうで、この時に和太鼓チームを作っていることが出ており、後々の伏線になっています。

この時の話に出てくる練習っていうのがのちの和太鼓チームに繋がるんだね!

日向と影山の救世主


勉強会の努力もむなしく、日向と影山は期末テストで赤点を取ってしまいました。他のメンバーが予定通り東京にむかう中、残念ながらふたりは学校で補習となります。

補習が終わった後東京へ向かおうとするふたりですが、交通手段がありません。「走って」「チャリで」と行く気満々のふたりに、田中が呼んでいた「救世主」が冴子さんでした。

颯爽とあらわれた冴子さんは、宮城から東京まで車でふたりを送り届けてくれます弟への愛情と、困った人は見過ごせない彼女の性格があらわれていますね。

冴子はかっこいいだけではなく困った人をほっとけない優しい性格でもあるんだよ!

和久南戦の応援

初めて烏野の応援に来たのは、春高宮城予選での和久南戦です。

この試合では控え二年生の縁下が活躍します。活躍が「意外」と言う声に、冴子さんは、日頃はあまり目立たない縁下が実は烏野二年生の手綱を引いており、実質二年生の「首領(ドン)」だと言います。弟だけでなく他の人のこともしっかり見ていることがわかるエピソードです。

ちなみに、彼女の胸のボリュームを見て、新米マネージャーの谷地さんは軽くショックを受けていました。

バレーボール初心者にも関らず全体を観察しているなんてできる女性…

白鳥戦の応援

春高予選決勝、王者白鳥沢との決戦にも冴子さんは応援に来ています。

バレーボールに関して初心者の彼女が試合中疑問を口に出し、同じく応援に来ている烏野OB達がそれについて解説する場面が度々出てきます。その解説を聞いて冴子さんも、また読者もなるほど、と思う訳です。彼女はバレーボールに詳しくない読者の代理でもあるわけですね。

また、白鳥沢に引き離され元気のなくなった烏野応援団に対して、「黙るなー!こういう時こそ”応援”でしょうが!!」と発破をかけ、みんなで烏野へ声援を送る場面があります。これぞまさに「姐さん!!」と叫びたくなるシーンです。

冴子さんの存在は鳥野高校にとってはなくてはならない存在なんだ!

「ハイキュー」田中の姉ちゃんの和太鼓応援団!


春高全国大会、稲荷崎との対戦。相手は全国大会常連の超強豪校であり、応援団も吹奏楽部を中心とした大応援団が来ていました。

その音量と迫力も圧倒的なのですが、一番苦しめられたのは、烏野サーブの時に稲荷崎応援団が出すリズムに、選手たちがリズムを崩されることでした。

ブーイングなど目立って邪魔をする訳ではないのですが、微妙にリズムを狂わされ何となく嫌な雰囲気になったその時、「待たせたな」の言葉と共に颯爽と現れたのが、冴子さん率いる和太鼓応援団でした。

登場シーンも素敵…

稲荷崎戦の応援

彼女に応援を頼んだのは、監督やコーチや烏野OBの人たちでした。颯爽とあらわれた冴子さんは和太鼓軍団を引きつれ、稲荷崎にも負けない応援を烏野の選手たちに送ります。

和太鼓の力強い響きは稲荷崎のリズムになりかけた会場の空気を変え、烏野選手たちのリズムを再び整えます。自分たちの役割は「空気を整えること」であり、空気を整えれば「奴らは勝手に進む」、冴子さんはそう思い太鼓を叩きます。選手たちへの信頼あってこその思いです。

それからも和太鼓応援団は太鼓を叩き、声を張り上げ、汗を流しながら選手たちを応援します。それは大きな力となって、選手たちの背中を押すのです。

どうして和太鼓?

白鳥沢戦では、冴子さんはどんなに声を張り上げても大応援団にはその迫力で勝てませんでした。彼女はその時の悔しい思いを抱えていました。

今回、和太鼓で応援団を作ったのは、勿論彼女が和太鼓チームに入っていることもありますが、どの学校にも負けない、そんな応援をしたかったのかもしれませんね。

「ハイキュー」田中の姉ちゃんこと 田中冴子の魅力

冴子さんの魅力はやはり「カッコいい」こと。どんな崖っぷちも諦めない、いつでも前を向く姿は、さすが田中の姉ちゃん!という感じです。

特に稲荷崎戦での和太鼓応援団にしびれたというファンも多いです。そしていつも弟思いな所もまた、魅力のひとつです。

特に稲荷崎戦では、田中は攻撃がなかなか決まらず、自信を失いかけました。それでも下を向くことなくここ一番で見事なスパイクを決める弟の姿に、冴子さんは涙目になりながら微笑みます。弟のことを心から応援していることがよくわかるシーンです。

「ハイキュー」田中の姉ちゃんこと 田中冴子と小さな巨人の関係


”小さな巨人”とは、昔烏野高校が春高で全国大会に行った時、エーススパイカーとして活躍した選手です。バレー選手としては小柄でしたが、抜群の運動能力でエースとして烏野を引っ張った人物で、日向はその姿を見てバレーボールをはじめました。

実は冴子さんは彼とは同級生でした。彼女は”小さな巨人”とはクラスが同じになったことはなく、話したこともない相手でしたが、彼女は彼のことを”怖かったよ”と評しています。

それは彼女が高校時代、たまたま練習試合をしているのを見た時のことです。彼女は途中で交代させられた”彼”が悔しさからか怒りからか、ロッカーに思い切り頭をぶつけるのを見たからです。あまりに迫力に「危うく惚れるところだった」と言っています。

それからも何度か試合を見たことがあるそうなので、やはりその時の印象が相当強かったのでしょう。

「ハイキュー」田中の姉ちゃん 冴子さんのまとめ

冴子さんはバレーボールこそやりませんが、選手を支え応援する、烏野にとても大事な人物です。

また、小さな巨人を知っていたり、バレーボールについて質問したり、と物語を進める上で大事な役割を担うこともあります。

ハイキュー!!には、冴子さんのように選手以外にも様々な人物が登場します。

そう言った人たちにも目を向けてみると、またハイキュー!!の面白さが増すのではないでしょうか。

おすすめの記事