スパイファミリーボンド死亡?その可能性や鳴き声・年齢・犬種・能力まで解説

スパイファミリー ボンド 死亡

少年ジャンプ+で大人気連載中、漫画のみならずアニメも大人気の「スパイファミリー」。

その中でも人気キャラクターである犬の「ボンド」について死亡説が浮上しているようです。

アーニャが暮らすフォージャー家の一員であるボンドがなぜ死亡すると噂されているのでしょうか?

またボンドの能力はどんなものなのでしょうか?

そこで今回は「スパイファミリーボンド死亡」の噂からボンドの能力、犬種までを徹底解説します!

目次

電子書籍サイトの最新お得情報

引用元:マンガBANG

\ 期間限定!全作品、何冊でも50%還元!/

>>公式サイト:https://manga-bang.com/

スパイファミリーボンド死亡の可能性や根拠は?

現在、ボンドが死亡する根拠はなく可能性についても非常に低いと考えられます!

しかし初登場時からテロリストグループに捕らえられていたり、ほかの犬とは違った能力を持っていたりと作中でも特別な犬であるボンド。

これまでも死亡フラグがあったようです。

ひとつずつ見ていきましょう。

爆弾犬としてテロに利用

ボンドは初登場時、テロリストによって爆弾に利用されるところでした。

テロリストが爆弾テロを起こしているさなか、町で偶然遭遇したアーニャの未来を見ることで自身がフォージャー家の家族の一員になることを予知。

テロに巻き込まれるアーニャを救うことで結果としてボンドの死も回避することができました。

また爆弾テロ自体もボンドの未来予知の能力、アーニャの心を読む能力によって阻止することに成功しています。

アーニャの工作がボンドの死を暗示?

コミックス第5巻のエピソードで登場したアーニャの工作が「ボンドの死亡フラグになっている」とネット上で話題となったようです。

そのエピソードでは図工の時間に”かっこいいボンド”を作り同級生ダミアンに自慢しようとするアーニャ。

しかし実際は出来栄えが悪く”痛々しい見た目の死にかけ動物”になってしまいました。

これがボンドの死亡フラグとされてしまったようです。

死亡フラグとまで噂されていた本エピソードでしたが、以後物語に絡んでいないことから「死亡フラグではなかった」とされています。

ゆう

アーニャの創作物が死亡フラグだったらあまりにも残酷すぎますよね…。

ヨルの手料理で死の未来が見えた

コミックス第7巻のエピソードではボンドの予知能力によって自身が死ぬ未来を予知していました。

というのも作中ボンドは脳内で「真っ黒な映像」を見ることとなります。

初めはボンドも何のことなのか理解していませんでしたが、「ヨルの手料理で死亡する」ということを察知。

ヨルの手料理を回避するため、ボンドはロイドに料理を作らせることを目指します。

任務中であったロイドを自身が手伝うことで帰宅時間を早め、ロイドに料理をさせることに無事成功したボンドは死の未来を回避することとなりました。

スパイファミリーボンドについて

ここからはスパイファミリーのボンドについてさらに深掘りしてご紹介していきます。

ボンドについて、年齢や犬種などが気になっている方もいるでしょう。

ひとつずつご紹介します。

鳴き声は?

ボンドの鳴き声は「ボフ」を中心に感情に合わせて使い分けられています。

作中ボンドが怒っているときには「ヴォフヴォフ」や「ボバーフ」など、怯えているときであれば「ブオ~フ」などです。

また走っている際には「はふはふ」と鳴いており、犬種柄かどこか空気の抜けたような声を出しています。

年齢は?

ボンドの年齢については作中明かされていませんが、組織の一員がボンドに対し「年はだいぶいっているようだ」と発言しています。

そのことから高齢犬である可能性が高いでしょう。

犬種は?

ボンドの犬種については作者遠藤先生が「グレートピレニーズ」という犬を見て描いていると明かしています。

たれ目と白くてふわふわした毛並みが特徴の犬種ですね。

実際のワンちゃんを調べるとそのままモデルにしてボンドを描いていることがわかります。

ゆう

アーニャみたいにボンドそっくりなワンちゃんを飼いたくなりますね!

能力は?

作中フォージャー家の一員であり、彼らを危機から救うなどの活躍を見せているボンドは「予知能力」の持ち主でした。

もともとは東国(オスタニア)の「プロジェクトアップル」という機関で実験動物とされていたボンドでしたが、そこで偶然予知能力を授かったのです。

その後研究機関が解体され、行き場を失ったボンドは流されるようにテロリスト集団のもとへ。

そして前述したようにアーニャを救うことでフォージャー家の一員となりました。

ゆう

アーニャと出会えたことで現在平和に暮らせているんですね。

ボンドの予知能力については少し先の未来が見えるといった能力だとわかっています。

今後能力が覚醒することもあるかもしれません。

アーニャの能力に関係があるのか、アーニャの髪飾りについては下記もご参考にしてください。

「スパイファミリー ボンド 死亡」を検索する人がよく思う疑問

ボンドの正体は何ですか?

予知能力を持った特別な犬。フォージャー家の飼い犬。

スパイファミリーのボンドは何犬ですか?

ボンドはグレートピレニーズという犬種です。

スパイファミリーのボンドの能力は?

ボンドは少し先の未来が見えるという予知能力を持っています。

ボンドの犬種は?

グレートピレニーズです。

まとめ

いかがでしたか?

ボンドの死亡説の真相から能力、犬種までをご紹介しました。

ボンドに現在死亡フラグが立っていないことで安心しましたね。

また未来予知の能力もアーニャの能力と相性ピッタリだと感じます!

さまざまなハプニングに巻き込まれやすいフォージャー家。

今後もボンドの活躍によって家族が救われることを期待したいですね!

電子書籍サイトの最新お得情報

引用元:マンガBANG

\ 期間限定!全作品、何冊でも50%還元!/

>>公式サイト:https://manga-bang.com/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次