『死に戻りの幸薄令嬢、今世では最恐ラスボスお義兄様に溺愛されてます』ネタバレ!小説は?なろうなの?

死に戻りの幸薄令嬢、今世では最恐ラスボスお義兄様に溺愛されてます ネタバレ

原作・柚子れもん先生、漫画・山いも三太郎先生による少女漫画『死に戻りの幸薄令嬢、今世では最恐ラスボスお義兄様に溺愛されてます』

冤罪で処刑された公爵令嬢が、まさかの死に戻り!?処刑を免れるため、幼い体で第二の人生を奮闘する様子にドキドキが止まらないっ!

ゆめ

「小説家になろう」で人気の作品がコミカライズされました!漫画になったことで、表情の分からないお兄様のふとした溺愛仕草に胸キュン必須です♡

今回は『死に戻りの幸薄令嬢、今世では最恐ラスボスお義兄様に溺愛されてます』のあらすじと共に、感想や見どころを紹介します!(ネタバレを含みますのでご注意くださいね!)

またどこで読めるのか?無料で読めるサイトはあるの?と気になる疑問も調査したので参考にしてくださいね!

目次

電子書籍サイトの最新お得情報

引用元:マンガBANG

\ 期間限定!全作品、何冊でも50%還元!/

>>公式サイト:https://manga-bang.com/

『死に戻りの幸薄令嬢、今世では最恐ラスボスお義兄様に溺愛されてます 』あらすじ・概要

冤罪で処刑された公爵令嬢・オルタンシア。しかし目が覚めると、幼いころ、公爵家に養女として引き取られた日に時間が巻き戻っていた。「二度目の人生は絶対に処刑エンドを回避する!」と意気込んだのも束の間、そのためには氷のように冷酷な義兄のジェラールと仲良くならなければならない、という不可能ミッションの達成が必要だった! イケメンすぎる義兄との「死に戻り」ラブストーリー(?)開幕!

引用元:コミックシーモア
『死に戻りの幸薄令嬢、今世では最恐ラスボスお義兄様に溺愛されてます 』はこんな人にオススメ!
  • 爽快な逆転劇が大好き!
  • クーデレなイケメンが好き!
  • ファンタジー作品が好き!

『死に戻りの幸薄令嬢、今世では最恐ラスボスお義兄様に溺愛されてます』 おススメポイント

貶められて処刑エンドを迎えてしまったオルタンシア…必死に義兄であるジェラールに助けを求めるも、「妹だと思ったことはない」とバッサリ切り捨てられちゃうんです。

冷酷過ぎる義兄だ…と思っていたら、まさかの「本当は溺愛していた」という事実が発覚!

そこから、死に戻ったオルタンシアはジェラールと良い関係になろうと頑張るのですが…まったく表情の動かないジェラールに悪戦苦闘!そんななかでも、ふとした仕草にオルタンシアへの愛が見られてキュンキュンしちゃいます♡

一度目の人生でのトラウマがあるからか、オルタンシアはジェラールが自分を好いているということが信じられなくて…距離が縮まっていくのがちょっとずつなのですが、その焦れったさも楽しめちゃいます!

『死に戻りの幸薄令嬢、今世では最恐ラスボスお義兄様に溺愛されてます』 ネタバレ

貶められた公爵令嬢、死に戻ります!

年頃になり、妃候補となったオルタンシアですが…候補の一人であるデンダーヌ暗殺未遂の罪を被せられ、処刑されてしまうのでした。

「神様…どうかもう一度私にチャンスを…」そう思った次の瞬間、オルタンシアは父親であるヴェリテ公爵の腕の中で目覚めるのです。オルタンシアが処刑される少し前に病で亡くなったはずの父親を目の前にし、自分の幼い体を確認したオルタンシアは「本当に時間が戻ったんだ!」と、二度目の人生を歩むことに。

ヴェリテ公爵の愛人の子として生まれたオルタンシアは、使用人の間でもバカにされ、教育係のアナベルにもしごかれていたのですが…一度目の人生で教育を受けていたため、食事マナーも完璧にこなすのでした。

そんなある日、洗礼式のために大聖堂へ向かうことになったオルタンシアですが…!?

ゆめ

死に戻ったオルタンシアは、今度こそ処刑を逃れようと奮闘するの!

女神から告げられた真実は…

神々からの加護を授かるため、洗礼式へ向かうことになったオルタンシア。加護の強さは洗礼名という新しい名前の長さによって決まるのですが…一度目の人生でオルタンシアが授かった洗礼名は「レミ」という短い名前で、周囲からバカにされていました。

そんなオルタンシアが二度目に授かった名前は「アルティエル」それは義兄であるジェラールの「アドナキオン」と匹敵するほど強い力を持った名前で…オルタンシアが驚いたその時、強い光が彼女を包むと、目の前に女神が現れます。

なぜオルタンシアが死に戻ったのかを説明する女神。実はオルタンシアが処刑された後、彼女が無実であったことが発覚し、ジェラールはオルタンシアを信じられず、救えなかったことを悔やんでいました。その思いは怒りに変わり、ジェラールはデンダーヌを手にかけると、魔神まで呼び起こしてしまい、世界は混沌の時代へとなってしまったのです。

どうしてジェラールがそんなことをしたのか尋ねると、「ジェラールはあなたを愛していた」と告げられて…!?

ゆめ

オルタンシアへ冷たく接していたジェラールが、本当は愛していた…?

冷酷お兄様の変化…?

「ジェラールを救えるのはあなただけ」と、世界の混沌を避けるために死に戻ったオルタンシア。一度目の人生ではまったく仲良くなれず、オルタンシアが罪に問われたときも庇う様子さえ見せなかったジェラール。

そんな義兄とどう仲良くなろうかと悩んでいたある日、唯一オルタンシアへ優しく接してくれる侍女・パメラが窃盗の罪に問われてしまうのです。一度目の人生で彼女を救えなかったことを後悔していたオルタンシアは、加護の力を使って無実を証明するのですが…パメラを陥れたメイドは、オルタンシアのことは信じられないと怒鳴ります。

するとジェラールが現れ、メイドへ詰め寄るのです。彼の威圧感に圧倒され、罪を認めたメイド。思い切って「助けてくれてありがとう」と笑顔で話しかけてみると、ジェラールは「また困ったら言え」と彼女の頭を撫でるのでした。

ゆめ

相変わらず怖い顔をしたままだけど…頭ポンポンはキュンキュンしちゃう♡

『死に戻りの幸薄令嬢、今世では最恐ラスボスお義兄様に溺愛されてます』 を読んだ感想

一度目の人生では、オルタンシアにまったく興味を見せなかったジェラールが、まさか狂気に満ちてしまうほど彼女を愛していたなんて…!この意外な展開、めちゃくちゃキュンとしちゃいます♡

表情が全く動かず、何を考えているのかわからないジェラールですが…オルタンシアの何気ない話をゆっくり聞いてくれたり、彼女のために珍しい花を用意したり♡

ゆめ

このまま二人のラブストーリーが始まるのかと思いきや、やはり貴族となると様々な陰謀が渦巻いていて…これからの展開に期待大です!

『死に戻りの幸薄令嬢、今世では最恐ラスボスお義兄様に溺愛されてます』 のレビュー感想

2巻まで読みました! お父様がきな臭い気がしますが、お兄様とヒロインの恋愛物だったっけ?????ってくらい溺愛というか、、、お兄様が好きになっていく…このまま甘々で続いて欲しい あと私は絵柄すぎです

引用元:コミックシーモア

花冠をのせたお兄様にしてやられました。吹雪を背負ったお兄様も素敵です。コレからも公爵家兄妹を応援します。

引用元:コミックシーモア
https://twitter.com/usagi08166/status/1755545294589354318
ゆう

みんなお兄様の変化にキュンキュンしちゃってるみたい♡

『死に戻りの幸薄令嬢、今世では最恐ラスボスお義兄様に溺愛されてます』を無料で読む方法は?rawなどで読める?

無料で読む方法

『死に戻りの幸薄令嬢、今世では最恐ラスボスお義兄様に溺愛されてます』は、コミックシーモアにて3月12日まで1巻無料で読むことができます!

気になった方はこの機会に是非、チェックしてみてくださいね♪

rawなど違法サイトで読むのは犯罪です

>>違法サイトは本当に危険です!絶対にやめましょう!!<<

漫画『死に戻りの幸薄令嬢、今世では最恐ラスボスお義兄様に溺愛されてます』を無料で読みたいと思い、raw・zip・rarなどのファイル、漫画バンク・海賊版などの違法に無断転載されている漫画を探す人もいるかもしれません。

しかし、違法アップロードされた漫画を読むのは、犯罪です。

違法アップロードにより著作権侵害で、漫画村が逮捕されたにも関わらず、漫画bankや漫画rawなど海賊版サイトは後を絶ちません。

ですが、これはれっきとした犯罪で、2021年01月より「違法サイトの利用者」も罰則の対象となっています。

2年以下の懲役又は200万円以下の罰金(またはその両方)を科せられることがあります。

また、違法サイトにアクセスするだけでも、非常に危険です

サイトにアクセスしただけで、ウィルスにかかってしまい個人情報が盗まれたり、大切なデータが破損したりする危険性があるので、絶対おすすめしません

違法サイトは利用せず、きちんと公式サイトや電子書籍で楽しんで漫画家さんを応援しましょう!

『死に戻りの幸薄令嬢、今世では最恐ラスボスお義兄様に溺愛されてます』が読める電子書籍サイト

2024年3月現在、漫画「死に戻りの幸薄令嬢、今世では最恐ラスボスお義兄様に溺愛されてます」は、各電子書籍で配信中です。

各サイト、色んな特典がありますので、参考にしてみてくださいね!

配信サイト配信状況サイト
\70%OFFクーポン
見てみる
\70%OFF/
6回使えるクーポン
見てみる
\最大50%ポイント還元
見てみる
\40%OFF100冊
見てみる
\600ptポイント付与
見てみる
\70%オフクーポン配布/
見てみる
※2024年3月現在
詳細は公式サイトをご覧ください

オススメサイト①作品充実度No.1!

マンガの先が気になって仕方ない人にオススメなのはコミックシーモアです!

コミックシーモアでは『死に戻りの幸薄令嬢、今世では最恐ラスボスお義兄様に溺愛されてます』が先行配信されているので、どこの電子書籍サイトよりも早く読むことができますよ!

また、コミックシーモアはサービスが充実した電子書籍サイト。

サービスが充実した電子書籍サイトで読みたいなら、コミックシーモアがオススメです!

コミックシーモアはなんといっても作品の充実さが1位!取扱い冊数106万冊以上の充実の国内最大級の品ぞろえで、月間利用者数3,500万人超えております!

ゆめ

日本で一番利用されている電子書籍サイトではないでしょうか…!

また、コミックシーモアでは初回ログイン時にすぐ使える70%OFFクーポンが受け取れます!

その他にも、最大10000ポイント(1万円分)が加算される、ポイントサービスや、割引クーポンの配布などのイベントも多く、お得い漫画を楽しめます!

会員登録は無料で60秒と簡単に済みますので、まずは会員登録して無料漫画を楽しむのもオススメです♪

POINT

・初回70%OFFクーポンがもらえる
・国内最大級の品ぞろえ
・無料登録

オススメサイト②初回クーポンとpaypayポイント還元率がすごい

一番お得漫画「死に戻りの幸薄令嬢、今世では最恐ラスボスお義兄様に溺愛されてます」を読みたい方はebookjapanで読むのがオススメです!

ebookjapanでは、初めてログインした人は70%OFFクーポンが6回分もらえます!

ゆめ

このキャンペーンはいつまで続くかわかりません!今のうちの登録を強くオススメします!

その他、割引クーポンの配布やpaypayと連携したポイント還元サービスも豊富なんです!

もちろん、paypay以外での購入も可能です。

ebookjapnはヤフー株式会社と株式会社イーブックイニシアティブジャパンが共同運営している電子書籍サービスなので、安心して登録利用できるのもうれしいですね!

yahooIDでログインして、無料で利用することができます

POINT

・初回70%OFFクーポン×6枚もらえる
・割引クーポンの配布やpaypayと連携したポイント還元サービスも豊富
・無料登録(yahooIDでログイン)

オススメの電子書籍サイト③漫画も動画も美味しいとこどり!

漫画も動画も楽しみたい方にはU-NEXTがオススメです!

動画配信サービスと思われいるU-NEXTですが、会員登録していると動画の他に電子書籍サービスも一緒に使うことができます!

月額利用料が2,189円(税込)と高いイメージのU-NEXTですが、毎月1,200円分のポイントがもらえるので実質1,000円の利用料ということになります。

もらったポイントは電子書籍を購入することができますよ!

さらにU-NEXTではファミリーアカウントというサービスでアカウントを無料で3つまで追加することができます!

4人で月額料金をシェアすれば500円で動画も漫画も楽しめるからめちゃくちゃお得ですよね!

U-NEXTでは30日間無料でお試しできるし、お試しでも600ポイントがもらえます!

POINT

・1か月無料でお試しが出来る
・お試し期間も600ポイントもらえる
・月額利用料が2,189円(4人までファミリーアカウントでシェアできる)

『死に戻りの幸薄令嬢、今世では最恐ラスボスお義兄様に溺愛されてます』ネタバレまとめ

『死に戻りの幸薄令嬢、今世では最恐ラスボスお義兄様に溺愛されてます』は冤罪で処刑された令嬢が、義兄を救うために死に戻る「なろう系」原作の少女漫画!
『死に戻りの幸薄令嬢、今世では最恐ラスボスお義兄様に溺愛されてます』は無料で読めないので各電子書籍で読みましょう!
『死に戻りの幸薄令嬢、今世では最恐ラスボスお義兄様に溺愛されてます』を読むオススメサイトは作品充実度No1.のコミックシーモア!

『死に戻りの幸薄令嬢、今世では最恐ラスボスお義兄様に溺愛されてます』をネタバレしながら、作品の面白さや魅力を紹介しました!

冷酷で無表情なお兄様が、どんどん甘々になっていく姿にキュンとしちゃいます♡

『死に戻りの幸薄令嬢、今世では最恐ラスボスお義兄様に溺愛されてます』が気になった方はぜひチェックしてみてくださいね!

電子書籍サイトの最新お得情報

引用元:マンガBANG

\ 期間限定!全作品、何冊でも50%還元!/

>>公式サイト:https://manga-bang.com/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次