リゼロ

短編小説から始まった『Re:ゼロから始める異世界生活』は、2016年にアニメ化され、ますます人気の作品となっています。

そんなRe:ゼロから始める異世界生活(通称リゼロ)』の人気のキャラがロズワールとラムです。

2人の関係や日々のお勤めが気になっている人も少なくありません。今回は、ロズワールとラムの関係やお勤めについても紹介します。

ロズワールとラム 日々のお勤めって何? 【リゼロ】ロズワールとラムは恋人関係?

ラムとレムといえば、ヒロインを追い抜く勢いで超人気の双子ちゃんですよね♪【リゼロ】好きには、二人のかわいいメイド姿がたまらないのではないですか〜??

さて、今回はそんなかわいい双子ちゃんのうち、『ラム』について知りたいと思うことをまとめてみました♪

と・く・に、『ロズワール』はラムの恋のお相手なのかを探っていきたいですね(笑)

ラムは双子の姉として、さらにロズワールに忠誠を誓ったうちの一人として作中には登場します。

ラムとローズの関係

主人公が、ロズワール邸で夜な夜なラムの元を訪れるロズワールを目撃します。思春期真っ只中の青年主人公には、大人の色気あふれるロズワールが、ラムと「きゃっきゃうふふ」なことをしているのではないかと、見てみるふりをするのでした。これが恋人関係?と疑いたくなる原因ですね。

本当だったらラムにとっては、かなり嬉しい事実かもしれません。
なぜなら、主人であるロズワールへ好意を抱いているラム

ラムからロズワールの好意は誰がどう見ても『Love』なのは明らかです。しかし、残念なことに、ロズワールからラムへ向けての想いは『Like』のようです。

ラムとロズワールの気持ちの違いについて考察していきましょう。

ロズワールとラム 日々のお勤めって何? 【リゼロ】ロズワールとラムが恋人関係ではない理由

メイドと主人の関係。ラムの一方通行な想い。ただ、そんな関係でもラムにとっては満足する日々なのでした。

ラムとレムは、今は無き鬼族の村から救ってくれたロズワールに忠誠を誓っています。さらにラムは、その時に失われた角により、普通の生活をしていても体力を消耗するほどのマナ不足を、ロズワールの膨大なマナの供給によって補っているため、恩を抱いているのです。

これで好きにならないのはおかしい!と強く言いたくなりますね。

ただし、ロズワールはおそらく永遠にラムへと『Love』を返すことはないのです。

そのことに関して、ロズワール特集記事『ロズワールは黒幕?!【リゼロ】辺境伯の正体や過去 裏切りの目的を解説!』にてまとめましたので、よろしければ合わせて読んでいただけると、よりラムに対して愛情が芽生えますよ。

ラムは片想いでも満足しているんだね!

ロズワールとラム 日々のお勤めって何? 【リゼロ】ロズワールとラム 日々のお勤めって何?

主人公が目撃した夜の怪しい二人の関係。

それは、単にズワールがラムのマナを供給するために、ラムの元へと毎日通っていたからなのでした。

『日々のお勤め』がないと鬼族であるラムは、最悪の場合、命を落としかねない事態になります。そのため、主人公の誤解はとっても見当違いも甚(はなは)だしいものとなります。

なお、供給方法は、ロズワールの指先からラムの角があった場所である額に触れて、マナを流しこんでいるようです。これはかなりの至近距離!ラムにとって毎日嬉しい時間となりそうです♪

ラムが角を失った原因は?

さて、そんなラムですが、はじめから角がなかったわけではありません。

幼少期にラムとレムは、鬼族の村で両親と暮らしていました。鬼族では双子は忌子(いみこ)として処分の対象となっていたのですが、その際にラムには才能があることがわかり、難を逃れたのです。

ラムの力は、神童と言われるほど強かったらしいですよ。

しかし、村は『魔女教徒』たちの襲撃に遭(あ)い全滅しました。ラムは一人で多くの魔女教徒たちと戦ったものの、一瞬の不意によって角を折られてしまったのです。

鬼族は鬼化することで、常人(じょうじん)の何倍もの力を出せます。一方で、その力に見合ったマナを消費することとなります。

角は大気中のマナを集める重要な器官となっています。そのため、角がなければマナを集めることができなくなり、命に関わってくるのです。

だからこそ、命を助けてもらい日々マナの供給してくれるロズワールの存在は、ラムにとって大きなものとなっているのは自然なことなのかもしれませんね。

鬼族の村を襲ったのは誰なのか?

ここまで読んでいただけるとロズワールはかなりの『いい奴』に思えるでしょう。しかし考えてください。なぜロズワールはラムとレムを助けられたのか?グットタイミングすぎませんか?

その答えは【リゼロ】の第四章の最後あたりで明らかになってきます。

ラムとレムの村を襲った要因の一つにロズワールがいたのです。その襲撃理由は、作中でははっきりとされていません。

ただ、ロズワールがそもそもの原因であるとするならば、ラムの好意に疑問が湧きますね。ラムはしたくもなかった忠誠をロズワールと行うことになったのでした。

村を全滅させた人物ロズワール。さぞや憎い相手だったことでしょう。しかし、ラムとロズワールがした忠誠への契約は、魂の契約であったため、ラムは自身へと嘘をつくことができずいたのです。ただただロズワールへの復讐心ばかりを募らせるしかなかったのです。

しかし、主人公と出会った時からおわかり通り、ラムはロズワールに『Love』なのですよ。
もしかしたら・・・もしかしたらですよ?ロズワールは王国一の魔法師です。考えられることは2つあります。

  • 復讐心を、じわりじわりと恋心へと魔法で変えるように仕向けていったのでは?
  • ラム自身がその心をいつしか愛へと変えていくように、自ら暗示をかけていったのでは?

実はどちらが正解かということは、わかっていません。ただ、そうした魔法の存在があったのでは?と思えるほど、ラムの心の変化が大きかったということですね。

リゼロを見ていくと、気持ちが変わっていく姿が分かるから
ラムの気持ちの変化にも注目しよう!!

日々のお勤めがなくなるとどうなる?

ロズワールからの日々のお勤めがなくなってしまうと、数日はそれほど体力を使わなければ、ラムは生き長らえることができるようです。しかし、長くは生きられません。

ただ、誰かがラムにマナを供給しなければならなくなります。作中では、ヒロインのエミリアがラムのマナを供給していたようですね。

お勤めはラムが生きていく上で大事なことなんだね!

ロズワールとラム 日々のお勤めって何? 魔力や角に関係が?レムとは違う?【リゼロ】まとめ

ロズワールとラムは恋人同士ではありませんでした!という結論に至りました。

しかしながら、主人公が勘違いするほど怪しい二人。ラムの隠しもしない好意に、「くっつけばいいのに」と思えてしまうかもしれませんね。

ただ、ロズワール視点から見ると、ラムの想いが届かないことが明白でもあります。

だからこそ、ラムが今のロズワールとの関係に変化を求めず、満足しているように見えるのも仕方がないのかも。

主人公が物語を進めていくことで、この二人の関係にも変化が起きた時、少しでも二人のもどかしい距離が縮まることを願いましょう♪

おすすめの記事