【葬送の フリー レン】ヒンメルの生まれ変わりは?登場している?今後登場する可能性があるかについて考察

葬送の フリー レン ヒンメル 生まれ変わり

週刊少年サンデーで連載されている大人気作品「葬送のフリーレン」。

この漫画は第14回マンガ大賞、第25回手塚治虫文化賞新生賞を受賞しています。

現在ではアニメも放送されており、放送初日から大変話題になったほどです。

そんな「葬送のフリーレン」ですが、主人公とともに旅をしていた勇者ヒンメルの生まれ変わりが登場するのではないかと話題になっています。

勇者ヒンメルの生まれ変わりはすでに登場しているのか
それとも今後登場する可能性があるのでしょうか。

こちらではそれについて考察していきます。

一番お得に全巻読めるのはebookjapan

70%OFFクーポン×6枚配布中!

目次

電子書籍サイトの最新お得情報

\ 会員登録無料!100冊までどれでも漫画半額!/

たった60秒で簡単無料登録!!

>>公式サイト:https://www.ameba.jp

【葬送のフリーレン】ヒンメルの生まれ変わりは?登場した?

現時点で勇者ヒンメルの生まれ変わりは確認できません

主人公フリーレンとともに旅をしていたヒンメルですが、作中亡くなった描写以降は回想シーンでのみ登場しています。

またヒンメルの意思を継いだ生まれ変わりのようなキャラクターについても登場していません。

【葬送のフリーレン】はどんな作品?

参照:ebookjapan

「葬送のフリーレン」は少年サンデーで現在も連載中の人気作品です。


物語は魔王を倒した勇者一行の凱旋から始まります。

主人公フリーレンは勇者一行で魔法使いを務めるエルフでした。

勇者や僧侶、戦士といった仲間と違いエルフであるフリーレンは1000年もの寿命を持つため彼らとの時間はあっという間でした。

年老いたヒンメルが亡くなったのを機に自分がヒンメルのことを何も知ろうとしなかったことに涙し、フリーレンは人間を知るための旅に出ます。


エルフという寿命の長い種族だからこそ、知らなかった人間の感覚や新たな発見に戸惑いながらフリーレンは変わっていきます。

旅をする中で時折、各地でともに旅をしたヒンメルたちのことを思い出す描写などに涙してしまう作品です。

ゆう

そんな本作品でヒンメルの生まれ変わりが登場する展開があるのであれば非常に楽しみですよね。

一番お得に全巻読めるのはebookjapan

70%OFFクーポン×6枚配布中!

【葬送のフリーレン】ヒンメルの生まれ変わりは今後登場する?

今後勇者ヒンメルの生まれ変わりが登場することはないでしょう。

フリーレンがたびたび思いを馳せるヒンメルではありますがストーリーの展開上、生まれ変わりが登場することでテーマがぶれてしまうのではないかと感じます。

今後ヒンメルの生まれ変わりが登場しないであろう根拠について解説します。

ヒンメルの生まれ変わりは登場しない理由:ヒンメルというキャラクター

勇者ヒンメルは魔王を討伐したことにより実質、作中最強のキャラクターです。

また困った人を放っておけず助ける姿など勇者たる人格の持ち主といえます。

その一方で少し抜けていたり、ナルシストな一面もあるためとても親しみやすいキャラクターです。

作中のヒンメルとフリーレンの関係性は仲間でありながらどこか家族のような愛情を感じます。

ヒンメルの生まれ変わりは登場しない理由:テーマの軸がぶれる

そんな彼の死が物語のテーマの核にもなっているのでしょう。

それを容易に生まれ変わりなどで復活させてしまうと死の表現が軽くなってしまいます。

フリーレンがたびたび仲間たちを思い出すように魔法を習得していき、思いを馳せることによって現在のはかなくも美しい世界観が形成されているのでしょう。

またフリーレンにはヒンメルがいるようにフェルンがハイターを思い出す様も、同様に亡くなった人を思う描写に繋がっています。

ここでヒンメルの生まれ変わりのみ登場させてしまえば無粋ではないでしょうか。

よって今後もヒンメルの生まれ変わりが登場することはないと考察します。

【葬送のフリーレン】フリーレンの最終目的は?

フリーレンの旅には「魂の眠る地(オレオール)」でヒンメルの魂と再会する目的があります。

その目的を考慮するとヒンメルはオレオールでの再会まで生まれ変わりなどの登場の仕方は無いと考えられるでしょう。

生まれ変わってしまうと魂の居場所が変わってしまいますので、フリーレンの目的と辻褄が合わなくなってしまいます。

物語の終盤でオレオールに辿り着き、”ヒンメルの魂と再会する”という流れが一番いい展開でしょう。

【葬送のフリーレン】ヒンメルの生まれ変わりを気にする人が思う疑問4選

ヒンメルはその後どうなった?

ヒンメルは魔王討伐の50年後に老衰で亡くなりました。

フリーレンのヒンメルは何歳で死んだ?

推測ではありますが魔王討伐後50年経っているので75歳前後でしょう。

「ヒンメル」という言葉の意味は?

「ヒンメル」とはドイツ語で「空、天国」という意味を表します。

なぜ「葬送のフリーレン」は休載されているのですか?

休載理由は不明ですが、体調不良やコミックスの加筆修正、アニメ制作などが影響しているのでしょう。

まとめ:【葬送のフリーレン】ヒンメルの生まれ変わりは登場している?今後登場する可能性があるかについて考察

「葬送のフリーレン」勇者ヒンメルの生まれ変わりについて考察していきましたがいかがだったでしょうか。

とても親しみやすいキャラクターであり今後の登場にも期待したいという読者も多いかと思いますが、生まれ変わりという形では登場しないと思います。

非常に心に刺さる内容の本作がぶれてしまう可能性がありますからね。

フリーレンの旅の最終目的である「魂の眠る地(オレオール)」での再会に期待して、この作品をゆっくり楽しむと良いでしょう。

また作中ヒンメルとの思い出を回想シーンで振り返りながら新たな魔法を習得しているフリーレンですが、「魂の眠る地(オレオール)」でヒンメルの魂に魔法が披露できたら素敵ですよね。

ゆう

最後の結末が今から気になってしまいますが、これまでの話をじっくり読み返すのもいいかもしれません。
何度でも泣ける「葬送のフリーレン」の今後が楽しみです。

一番お得に全巻読めるのはebookjapan

70%OFFクーポン×6枚配布中!

電子書籍サイトの最新お得情報

\ 会員登録無料!100冊までどれでも漫画半額!/

たった60秒で簡単無料登録!!

>>公式サイト:https://www.ameba.jp

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次