SAO(ソードアートオンライン)シリーズの見る順番と時系列!

SAO(ソードアートオンライン)シリーズの見る順番と時系列!見る順番はこれ!

見る順番をお話すると、ズバリ公開順です!

時系列は、【アニメ1期 OVA】ソードアート・オンラインExtra Editionは、1期のアインクラッド篇・フェアリーダンス篇の間の夏が舞台となっています。しかし、内容は振り返りの総集編的要素が多いアニメです。2期を見る前の予習にもなるので、公開順通り、2期の前に見ることをお勧めします!

●見る順番●

【アニメ1期】ソードアート・オンライン
(アインクラッド篇・フェアリーダンス篇)

【アニメ1期 OVA】ソードアート・オンライン
Extra Edition

【アニメ2期】ソードアート・オンラインⅡ
(ガンゲイルオンライン篇・マザーズロザリオ編)

【映画】ソードアート・オンライン オーディナルスケール
(劇場版)

【アニメ3期】アニメ:ソードアート・オンラインⅢ
(アリシゼーション編)


【アニメ3期】ソードアート・オンラインⅢ
(アリシゼーション編 war of underworld)

SAO(ソードアートオンライン)シリーズの見る順番と時系列!アニメ・映画のあらすじ紹介!

アインクラッド篇

2022年の日本が舞台。人類は、ヘルメットのような「ナーブギア」を装着し、眠るように仮想空間へダイブする、完全なる仮想領域を作り上げた。そして、サービス開始前より話題沸騰の、仮想空間でのオンラインゲーム『ソードアート・オンライン』が、いよいよ開始される。1万人が仮想空間でのRPGゲームを謳歌する初日、主人公キリトはプレイヤー画面にログアウトボタンが無くなっていることに気がついた。そして、開発者である茅場晶彦がプレイヤーたちの前に現れ、ログアウトは不可能、ゲーム内での「死」=現実世界の自分が「死」ぬこと。ラスボスである最上部100層のボスを倒すことだけが、唯一の脱出方法であることを宣言する。追い討ちをかけるように、ゲーマーたちに現実世界でこのゲームですでに死者が出ているニュース、現実世界の家族がいる世間が映し出される。

突如、狂気のデスゲームと化したこの世界で生き残るべく、それぞれが始まりの街から旅立ち・・・

フェアリーダンス篇

「SAO事件」と称されるデスゲームが終わって2ヶ月。キリトは現実世界へ帰還していたが、SAOにて心を通わせたアスナこと結城明日奈は、現実世界へ帰還することなく、今も病院で眠り続けていた。アスナだけでなく、300人ものプレイヤーが依然として帰還せず眠り続け、初期化されるはずのSAOサーバーも怪しげな稼動を続けてた。そんな中、キリトは『ソードアート・オンライン』とは異なる、仮想空間ゲームの世界でアスナの目撃情報を得る。そこは、妖精の世界の仮想現実ゲーム。ゲーム内にアスナがいるかもしれないと、このゲームをはじめたキリト。この世界では羽が生え自由に羽ばたくことができる。ファンタジーの王道のような世界で、アスナは囚われていて・・・

ソードアート・オンライン Extra Edition

アニメ1期のOVAで、今までの総集編的要素が大きいです。時系列的には1期のアインクラッド篇・フェアリーダンス篇の間の夏。張り詰めていた彼女らの水着姿とハーレムは必見です。

 

 

ソードアート・オンラインⅡ

ガンゲイルオンライン篇

荒野で銃を使って戦うガンゲイルオンラインという仮装現実ゲームの話。ゲーム内で殺されると現実でも死んでしまう、と言われている殺人鬼「デスガン」をめぐる物語。新たなヒロイン、シノンと共に、「デスガン」をめぐる事件にキリトたちが挑んでゆく。

 

ソードアート・オンライン オーディナルスケール

SAO初の劇場版作品。AR技術を利用した新たなデバイス、「オーグマー」を用いたゲーム世界で、かつての『ソードアート・オンライン』の物語で犠牲者となった者たちを巡る、隠された物語が紐解かれる。ある人の企みにより「オーグマー」の技術がとんでもない影を落とす。その企みに巻き込まれ『ソードアート・オンライン』の時代にキリトと出会った記憶を亡くしてしまったヒロインのアスナ。その記憶を取り戻すべくキリトと仲間たちが奔走するが、待っていたのは、かつてデスゲームと化したあの世界での住人たちの・・・

ソードアート・オンライン アリシゼーション

『ソードアート・オンライン』の殺人集団ラフィンコフィンの生き残りに、現実世界で襲撃を受け、キリトは意識不明の心停止となる。ギリギリのところを、菊岡に特殊なシステムで仮想現実世界に意識を転送され、機械に繋がれることで命を繋いでいるキリト。その世界は、たくさんのAI(人工知能)たちが生まれ、育ち、暮らす仮想現実世界。その世界では外の人間が創造主であり、神なのだ。突然、仮想現実世界で目を覚ますキリト。自分はなぜここに居るのか、アスナは無事なのか、どうしたら現実に戻れるのか・・・ゲームのようだが、ここにもログアウトボタンは無い。キリトは仮想現実世界からの脱出を試みるため、そして閉塞された世界で暮らすAIたちを救うために、仮想現実内の支配者たちに立ち向かい、打ち破っていく。そこでキリトの前に現れたものとは・・・

ソードアート・オンライン アリシゼーション war of underworld

 「ソードアート・オンライン アリシゼーション」の続編。最終決戦で受けたダメージにより、廃人となったキリト。彼を支える仲間アリスが主人公となり、世界を守るために奔走する。しかし、現実世界のゲーマー達が敵陣に参戦してくる。数多の敵に囲われ、窮地に追い込まれる彼らのもとに、現実世界の仲間たちが駆けつける、アリシゼーション篇の完結作。

 

SAO(ソードアートオンライン)シリーズの見る順番と時系列!注目キャラクターを紹介!

ソードアート・オンライン

●キリト


本当に無敵でカッコイイです。『チーター』ならぬ『ビーター』がこれほどまでに様になる人物は他にないです。はじめはメンヘラ系な男の子に見えますが、次第に成長が垣間みえてきます。

 

●アスナ


彼女は正にヒロインという立ち回りを劇内でしており、更に声優さんもアスナは戸松遥さんということで、間違いなくヒロインお姉様キャラを演じるにはぴったりの方なのも推せます。強く美しく格好よい。シャイなところもあれば気が強い一面も見られ、料理スキルがマックスという強い女子力も持っています。キリトとの愛はネット世界だけのものではないと言い、真実の愛に生きる美しき人間性が光ります。

 

●ピナ


二つ結びのプレイヤー、シリカが相棒にしている、小さな青いドラゴン。一度は消滅したものの、キリトの助けで無事蘇った。ピナがメインだった話が可愛くて泣けたのと、登場するだけで可愛い、という理由で推しです。人外だけど、その可愛さたるや、たまりません。

 

ソードアート・オンラインⅡ

●キリト(長髪)


どのゲームでも、基本的に見た目があまり変わらないキリトが、唯一長髪姿になるのが、ソードアート・オンライン2の魅力だったりもします。この長髪キリトが、最初は女の子のフリをしているところが可愛いです。さらに、この長髪を踊らせながらライトセーバー的な武器で戦う場面もめちゃくちゃ雅で美しい! 推せます。

 

●シノン


とても深い傷を心に負っている、そんなキャラクターなのですが、このキャラクターを演じる沢城みゆきさんの演技もシノンに大変合っているためか、強くそして少し弱い面も持ち合わせるシノンを推さずにはいられません。

●ユウキ

とにかく見てほしい!!一度見たら、笑顔と涙を無くしてユウキを見ることができません!!
私にとっては、SAO=キリトの次に、このユウキが浮かびます。おそらくSAOの仮想現実世界で一番輝くべくして存在しているキャラクターで、キリトより、誰よりも真っ直ぐゲームの世界で生きる女の子だからかなと思います。

ソードアート・オンライン オーディナルスケール

●ユナ


神田沙也加さんが声優として演じられた、アニメ1期のストーリーに関与しているけどモブのようなキャラクターが今回のキーを握っています。このキャラクターの背景がとにかく悲しく、尊く、愛に溢れていて、ユナのラストの歌には感動して大号泣しました。この歌が聴きたくて、主題歌CDを買いました。そのくらい、感動します。

 

●エイジ


キリトの前に敵として現れる人物です。戦う理由が、悲しいがゆえにかっこいいです。なにより、声がかっこいい。舞台の方とあって、声優さんとは一味違う演じ方が、スクリーンで光っていました。敵ながら応援したくなるキャラです。

 

●ユウキ


一瞬だけ登場するから、ぜひ見逃さないで欲しい。劇場で観ましたが、この登場シーンに周囲のファンみんなが歓喜し泣いていました。ソードアート・オンラインはキャラクター愛に溢れています。

 

ソードアート・オンライン アリシゼーション

●ユージオ


女子の仲間が圧倒的に多い中で、めずらしく仲間になった男性キャラクターです。しかもイケメン。ただただかわいいし、かっこいいです。キリトを尊敬してやまないながらも、時々世話を焼いているところなんかが、相棒感があっていい関係です。最期は泣きそうになりました。

 

ソードアート・オンライン war of underworld

●アリス


恋人、あるいは姉のようにキリトを甲斐甲斐しく世話するところが本当に泣けます。かつて敵対していたこともあって、余計に涙を誘います。

 

SAO(ソードアートオンライン)シリーズの見る順番と時系列!Twitter民の評判

SAO(ソードアートオンライン)シリーズの見る順番と時系列!感想と評価

 

見て損はない作品

ファンタジーな世界観に似合わない、現実の死というギャップにより、物語に引き込まれてしまう。シリーズ全体的に、ゲーム内の危機が現実世界の危機と、リンクすることが多くハラハラしっぱなしでとても面白い作品です。

ハンカチ必須です!!!

近未来が舞台とあって、設定やシステムなどに、多数難しい用語が出てくるのは、敷居が高いと感じるかもしれません。
しかし、正直それら用語がよくわからなくても、アクションやヒューマンドラマ部分だけで充分楽しめる作品でした。登場人物も、映像作品であれば、きちんと書き分けがされているので、忘れていてもなんとかなります。とにかく映像が動きまくってアクションがかっこいい作品なので、まずは映像で楽しんで欲しいです。特に劇場版映画は、実際に映画館で見て涙が出るほど感動しました。ハンカチ必須です。ただし、それまでのソードアート・オンラインシリーズを見ていないと、キャラクターや伏線が理解できないので、前知識を全て入れた後に見ることをお勧めします。全部を知った上で先に進むからこそ、楽しめる作品、ともいえるかもしれません。一部分だけでなく、最初から順番に全部見ることをお勧めします。

オタクが一度は通るべき、オタクの基礎的アニメ

シリーズ全体を通したとても長編になっている今シリーズですが、やはり、キリトというキャラクターが多くの仲間と出会い、そして別れを通して気持ち的にも成長していく姿は大変共感できます。そして、周りの仲間達はとにかく魅力的なキャラクターも多いです。
今のアニメーションを好む方々の多くが一度は通るこのシリーズは、楽曲のLISAさん藍井エイルさん、そして梶浦由記さんと日本のアニメ界を代表する方々が参加し、そして名曲を生み出しています。
脚本、ストーリー構成、原作の内容、全てがオタクの基礎になるという印象を抱かせてくれ、そしてその世界にのめり込むことができます。

最強ヒロインアニメです。

愛と友情、大冒険、そして迫力の剣撃、銃撃のアクションは見ごたえがあります。強敵に打って出るキリトの格好良さには見惚れてしまいます。ヒロインキャラは魅力的で、中でもアスナはシリーズ屈指の最強ヒロインでした。

人間の成長、システムとの関わり方を提示した傑作。

全体的にとてもキリトくんがカッコよく描かれており爽快感あふれる作品になっていると思っています。
初めは孤独と絶望の渦中にありますが、仲間が出来て、友達が出来て、キリトの人間性もとても豊かになる、そんな人の成長も伺えるような作品です。
私はユウキの存在がずっと忘れられないのですが、このSAOの世界だからこそ、この形で生きることが出来て、他者と関わることが出来た、未来のシステムに現実的な希望が伺えた存在だったなと思います。
そして、この作品全体を通して、未来の人間のシステムとの関わり方というメッセージ性も込められているのではないかと思います。

SAO(ソードアートオンライン)シリーズの見る順番と時系列!まとめ

【ソードアートオンライン ( SAO ) 】の作品を見ていない人からは、厨二病という声も良く聞きますが、そんな簡単な妄想作品には収まりきらないほどの、リアリティと人間性と感情が溢れています。

シリーズを見た人にしか分からない!!他にない!!

この感動を、あなたも体験してみませんか??

 

おすすめの記事