ネロバスタ【七つの大罪】がかわいいと評判!デンゼルとの関係や強さについてまとめ

ネロバスタ【七つの大罪】とは?

ネロバスタ

七つの大罪に登場する女神族の一人です。

あまり作中には登場しませんが、魅力的な容姿をしており、七つの大罪のファンからはかわいいと評判です。

ネロバスタ女神族では神兵長であり、女神族四大天使であるリュドシエルの従者です。

三千年前の聖戦では魔神族と戦っており、ゴウセルに操られてしまった人物です。

品のある容姿の中に可愛さもある女神族で、羽は2枚生えており、比較的露出度が多いキャラクターです。

リュドシエルや女神族などの目上の者にはとても上品な言葉で話しますが、魔神族などの自分より身分が下のものには酷い扱いをすることがあります。

ネロバスタ【七つの大罪】性格は?

美人で可愛い容姿とは裏腹に性格はあまり良いとは言えません

特に自分より身分の低い者などや特に十戒に対しては見下し、侮辱する言葉を発言したりしています。

女神族が1番で人間や魔神族は外道な者達という思考を思っており、それは従えているリュドシエルの考え方に共感しているからだと言われています。

ネロバスタ【七つの大罪】強い?弱い?

ネロバスタ女神族の神兵長を務めているため、それなりの強さを持っていると思います。

しかし、闘級は10000から15000程度で、十戒メリオダス達に比べるとそれほど強いとは言えません。十戒相手だと歯も立たない強さだと考えられます。

また、女神族は羽の枚数の多さで強さや格がわかります

ネロバスタ羽の枚数は2枚となっています。ちなみにエリザベスが4枚、四大天使達もほとんどが4枚、最高神であるエリザベスの母は17枚も羽を持っています。

このことから見ても、ネロバスタはそれほど強いとは言えないことがわかります。

また三千年前の聖戦でゴウセルに簡単に操られているところを見ると、明らかに弱いなと思ってしまいます。

ネロバスタ【七つの大罪】上官は?

ネロバスタ直属の上官は四大天使であるリュドシエルです。

ネロバスタは上官であるリュドシエルに尊敬の念を抱いており、命令には絶対に従います

またリュドシエルに、尊敬以上の感情を持っているのではないかと言われており、リュドシエルにいきなり話しかけられたりするだけで顔を赤くさせ、照れたような可愛らし態度をとっています。

ネロバスタ【七つの大罪】デンゼルとの関係は?

ネロバスタデンゼルの関係性を見ていく前に、デンゼルとは蒼天の六連星という組織に所属していた人物で、リオネス国王の弟にあたります。

国王と同じぐらいの年齢ですが、聖騎士長補佐を務めいているほど強い能力を持っています魔神族に操られていたドレファスとも互角に戦えていたので相当強いと考えられます。

ではなぜ2人が関係しているのかというと、デンゼルネロバスタ三千年の眠りから復活させ自身の命と引き換えに自身の体にネロバスタを召喚させたのです。

十戒の一人であるデリエリ達がデンゼルの前に立ち塞がったときに、今までの研究の成果として十戒に対抗するためにネロバスタを召喚させたのでした。

召喚後はデンゼルの目がオレンジ色になり、トリスケルが出現しました。

ネロバスタ【七つの大罪】デリエリに瞬殺?!

デンゼルにより三千年の眠りから覚め、いよいよ力の見せどころかと思いきや、ネロバスタデリエリに瞬殺されてしまいます。

デンゼルによって召喚され、デリエリや人間達に大口を叩いたのも束の間に、デリエリに傷を負わせることなく体を切断されてしまい瞬殺されてしまいます。

これによってネロバスタは雑魚キャラと言われるようになってしまったのです。

ネロバスタ【七つの大罪】まとめ

今回、堂々の最終回を迎えた大人気漫画「七つの大罪」で、ちょい役ながらもかわいいと話題となったネロバスタに焦点を当てまとめてみました。

容姿は美人で可愛いながらもキャラクターとしてはあまり好きになれないキャラだなと感じました。

また女神族は強いイメージがありますが、デリエリに瞬殺されているのを見て弱すぎだなと感じました。

いや、十戒が強すぎるのかもしれません。

キャラクター的にとても魅力溢れる人物だったのでもっと活躍することを期待していましたが少し残念です。

おすすめの記事