【フルーツバスケット】カップル、その後は?透はだれと付き合うの?【ネタバレ 】

【フルーツバスケット】カップル、その後は?フルーツバスケットって?

現在絶賛放送中のアニメ、「フルーツバスケット」の気になるカップリングについてまとめてみました。

フルーツバスケットは十二支達をはじめとする魅力的なキャラクター達が織りなす恋愛物語です。

キャラの多さから、原作の漫画を見ている方も、今アニメを見ている方も「あれ?誰と誰がカップルだっけ?」と気になったり、忘れたりしてしまうことありますよね。

今回はそんな方のために、カップリングをまとめてみました。

もちろん主人公のが誰とくっつくかもそれまでの過程もたっぷり紹介しちゃいます。

原作のネタバレ含みますのでご注意下さい。
フルーツバスケット」とは1998年から2006年まで連載された大人気少女漫画です。

全世界で根強い人気を誇っており、2015年には、本編の数十年後を描く「フルーツバスケットanother」が連載中です。

ストーリー
訳あってテントで一人暮らしをしていた、女子高生・本田透
ひょんなことから、全校女子の王子様的存在の草摩由希の自宅に住むようになります。
学校の王子様・由希が「異性に抱きつかれると十二支の動物に変わってしまう」という呪いの秘密を見つけてしまいます。
そこから主人公・透と草摩家の干支の呪いがある人々との恋愛模様や交流を描いています。

【フルーツバスケット】カップル、その後は?透が付き合うのは?夾?

主人公のは最終的に誰と付き合うのか。

それは夾です

なんと告白もからしました。

は小さい頃から十二支に入れなかった猫を気にかけ、憧れていました。

そのためと初めて会ったときも、その憧れている感情をに話しています。

はある呪いから人を寄せ付けず、にもなかなか心を開けませんでした。

それでもの優しい心に触れる度に心を開き、親しくなっていきました。

そんな時、の道場の師匠である草摩籍真がやってきて、お互いの気持ちを確かめるため、の数珠を外し、猫憑きの呪いである醜い本来の猫の姿に変身させたのです。

その姿は猫の形も無く醜い姿に変わり、腐敗臭まで放っていました

1番見られたくない人に見られてしまし、は逃げ出してしまいました。

透は夾の本当の姿を見て・・

はそんなの醜い本来の姿を見て、嫌悪感を抱くこともなく「どんな姿でも夾であることは変わらない、夾と一緒にいたい気持ちの方が強い」とに告白したのです。

は今まで1番欲しかった言葉をもらい、と心を通わせました。

しかし物語が進むにつれて、透の母親の交通事故には夾が関係していることがわかってきます

は事故当時その場に居合わせ、本来の姿になればの母親を助けることができましたが、誰にも醜い姿を見られたくない助けることができませんでした

そのことがあり、のことが好きでも思いを告げることができなかったのです。

意を決して、の母親を見殺しにしてしまったことを告白すると、は「それでも夾が好き」と気持ちを伝えます。それに対しが「幻滅だ」と言って立ち去ったことによっては嫌われたと感じてしまい、距離を置いてしまいます。

実際はが言い放った「幻滅だ」と言う言葉は自分自身に言ったものだったのです。

もう関係を修復できないとは思っていましたが、由紀に「透を泣かせるな」と殴られ、自分の気持ち、そしての気持ちに気づき、改めてに告白します。

お互い素直に好きという気持ちを伝え、二人はめでたく結ばれました。

また、その時に呪いが解けています

最終回では、歳を重ねても二人仲良く並んで歩いている姿が描かれています。
フルーツバスケット」の続編である「フルーツバスケットanother」(以下another)では、2人の息子・はじめが登場します。

【フルーツバスケット】カップル、その後は?透が付き合うのは?由希?

では、を物語の初めから特別な存在としてみていた由紀はどうなるのでしょうか?

最終的に誰と付き合うのか見ていきたいと思います。

由希と透

子憑きの由紀は、初めからのことを特別な存在としてみていました。

しかしそれは恋愛感情ではなくに母親を重ね、母性愛、母親からの愛情を求めていたと気づきます。

初めは、¥その感情に気づくことはありませんでしたが、物語終盤にその気持ちを自覚し、にそのことを告げました。

由希と倉伎真知

由紀は生徒会長となった後、会計係である倉枝真知と付き合います。

真知由紀の心に中の本心に気づいており、「本当は王子様ではなく、心が弱い人」と言っています。

由紀はそんな真知に惹かれ、最終回では大学に合格した由紀が部屋の合鍵を真知に渡しています。

anotherでは2人の息子・睦生が登場します。

【フルーツバスケット】カップル、その後は?他の十二支は?

他の十二支の登場人物達は誰と付き合っているのか、どうやってカップルになったのかをまとめていきたいと思います。

慊人と草摩紫呉(戌)

草摩家当主で十二支にとって神の存在である慊人は、戌憑き紫呉と最終的に結ばれます。

紫呉慊人が母親のお腹に宿された時に、神様と十二支をつなぐ夢を見ました。

その時から慊人に特別な感情を抱いていました。

作中では基本的に紫呉慊人自分だけのものにするために行動を行います。

また、慊人女性であることも気付いていました。

最後は呪いがとけ、新たな人生を歩み出そうとしている慊人振袖を送り、想いを告げます。

慊人もそれに答え、二人は共に人生を歩んでいくことを誓ったのでした。

anotherでは息子の志岐が登場します。

草摩潑春(牛)と草摩依鈴(午)

潑春は幼い頃から同じ十二支依鈴に恋心を抱いていました。依鈴もまた、潑春に恋心を抱いていました。

2人は付き合っていましたが、依鈴自らを犠牲にして愛する潑春の呪いを解こうとします。

そして一度距離を置き別れてしまいますが、結局呪いを解く手段を見つけることができず依鈴体力的にも精神的にも限界を超え、入院してしまいます。

その後お互い大切な人であることを再確認し、恋人同士に戻りその後結婚します。

anotherでは2人の子供である双子の姉弟のが登場します。

草摩紅葉(卯)

十二支の卯の呪いがある見た目もウサギのように可愛らしい紅葉は、に片思いをしていました。

しかし実ることはなく、原作では誰かと付き合ったりはしていません。しかし、anotherでは娘の美那という可愛らしい女の子が登場しているので、誰かとは結婚したようです。

草摩綾女(巳)と倉前美音(衣装店の店員)

巳の呪いがある綾女は服飾店「あやめ」を経営しており、店長をしています。

従業員である美音は同じ趣味を持っており、意気投合し恋愛関係に発展し、店の2階で同棲しています。

綾女の心の拠り所であり、呪いがあることも知った上で付き合っていました。

最後は呪いがとけ美音を抱きしめることができました。

anotherでは響歌千玄がの姉弟が2人の子供として登場します。

草摩はとり(辰)と白木繭子(透の担任の先生)

辰の呪いがあるはとりは、の担任の先生である繭子と最終的に付き合います。

はとりは過去に助手の佳菜と付き合っていました。

しかしあることをきっかけに佳菜が精神的に病んでしまい、はとり佳菜に幸せになってもらうために自分の記憶を消してしまいます

そんな悲しい過去を知っている佳菜の親友だった繭子は2年ぶりにはとりと再開し、幸せを諦めたはとりの側にいて涙を流しながら思いを伝えます。

それ後2人は付き合い始めます。

anotherでは2人の子供であるという女の子が登場します。

草摩燈路(未)と草摩杞紗(虎)

未の呪いがある燈路虎の呪いがある杞紗は幼なじみです。

昔からお互いを大切に思っています。

燈路が昔、慊人杞紗への思いを打ち明けたところ、杞紗が傷つけられ、入院するということが起きてからぜったに杞紗を守ると誓っています。

草摩紅野(酉)とありさ

酉憑き紅野はコンビニでバイトしていたありさと最終的に付き合います。

お互い惹かれて今にもかかわらず、慊人の元に仕えていたため、なかなかくっつくことができませんでしたが、慊人から離れた後やっと付き合うことができました。

草摩利津(申)と満(みっちゃん):紫呉編集者

申の呪いがある利津は、初対面で驚異のシンクロ現象を起こした紫呉担当の編集者である、満(みっちゃん)と付き合いました。

草摩楽羅(戌)

戌憑き楽羅は、自分よりもかわいそうな境遇にあるのことを小さい頃から気にかけていました。

成長するにつれ、本当にのことが好きになります。

一度自分の恋心に決着をつけるために告白しますが、ふられてしまいます

呪いが解けた後もへの気持ちを捨てきれないながらも、保育士として働き楽しい日々を過ごしています。

【フルーツバスケット】カップル、その後は?花ちゃんこと、花島 咲は?

主人公・の大親友の一人でとてもリステリアスながら、悲しい過去を持つ花島咲は、高校卒業後にの育ての父であり、道場の師匠である草摩籍真の家で家政婦として働き始めました。

anotherでは花ちゃん娘が主人公となっています、父親はまさか、籍真ではないかとファンの間で言われていました。

その理由として物語の中で、籍真に好意を抱いていたからです。

しかし花ちゃんの旦那は外国の方らしく、娘のモスカはハーフです。まさかの国際結婚。びっくりです。

【フルーツバスケット】カップル、その後は?まとめ

フルーツバスケット」の主人公達や十二支達は、誰と付き合うのかをまとめてみました。

意外なカップルだなと思う組み合わせも何組かありましたね。

またが本当に好きになったのはでした。はじめは「意外だな、由紀と付き合ってほしい」と思っていましたが、最後は2人が好き同士になって本当によかったなと心から思いました。

また、個人的に慊人紫呉が最後結ばれて、よかったと感じました。

続編の「フルーツバスケットanother」もとっても面白い作品となっていますので、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事