ドラゴンボールが引き伸ばしがひどい!?伝説のコピペセリフ尺稼ぎの真相は!?

ドラゴンボールが引き伸ばしがひどい!?伝説のセル回のセリフ

まずは例のセリフが放たれたと言う状況を軽く説明しておきます。

セルは第一形態から第二形態、そして完全体へと進化していく生物なのですが、その進化する為に必要な存在が「人造人間17号」と「人造人間18号」です。

人造人間を吸収して進化すると以前の形態とは比べ物にならない戦闘力を手に入れる事が可能で、セルは完全体になる事を目的としていました。

当初は第一形態で登場し、そこから17号を吸収したことにより第二形態へと進化しました。

第二形態へと進化したセルは正に敵なしと言った状態だったのですが、そこへ精神と時の部屋での修行を終えたベジータ、トランクスが到着。

そこでベジータvsセルの戦闘が繰り広げられるのですが、修行にて超サイヤ人の壁を越えたベジータはセルを圧倒

その時のセルとベジータ達の掛け合いが以下のように引き伸ばされたと言われております。

セル「 ちくしょーちくしょー! 完全体に…… 完全体にさえなればー! 」
ベジータ「 はーっはっはっは! 」
トランクス「 凄い…… これなら、勝てる! 」
セル「 ちくしょーちくしょー! 完全体に…… 完全体にさえなればー! 」
クリリン「すげぇや…… こ、これならセルにも勝てるんじゃないのか!? 」
セル「 ちくしょーちくしょー! 完全体に…… 完全体にさえなればー! 」
ベジータ「 はーっはっはっは!」
PM7:15
(ここでCM)←主に「はごろもフーズ」
セル「 ちくしょーちくしょー! 完全体に…… 完全体にさえなればー! 」
ベジータ「 ……おい、お前の言う完全体とやらは、そんなにすごいのか? 」
セル「 そうだ、完全体にさえなればお前などに…… 」
ベジータ「 ほう、本当に強くなるんだな? 」
セル「 そうだ、完全体にさえなればお前などに…… 」
ベジータ「 ………… 」
セル「 ちくしょーちくしょー! 完全体に……完全体にさえなればー! 」
トランクス「 ……いったい何を話してるんだ? 」
セル「 ちくしょーちくしょー! 完全体に……完全体にさえなればー! 」
ベジータ「 おい、なってみろよ。完全体に 」
セル「 なんだと!? 」
ナレーション「 いったい、どうなってしまうのか!? 」

以上のようにセルが何度も「完全体にさえなればー!」と叫んでおり、何故かそれと会話が成立してしまうベジータの返答により非常に面白おかしい会話になっています。

このような会話は本当に放送されたのでしょうか?

 

ドラゴンボールが引き伸ばしがひどい!?伝説のセル回のセリフはアニメでも尺稼ぎ!?

先程の掛け合いはアニメにて行われたと言われております。

流石に原作の漫画であのように同じセリフを何度も繰り返していると読者も違和感しか感じませんからね笑(普通ならアニメでも違和感ありまくりですが…)

元々ドラゴンボールZは引き伸ばしがひどい作品でもあり、特にセル編ではそのような傾向が多く見られました。

アニメでは気溜めの演出や派手なバトルシーンでの戦闘描写とその際の声優の熱演により見所も作り易かった為、引き伸ばしも漫画に比べると比較的やり易かったのでしょう。

 

ドラゴンボールが引き伸ばしがひどい!?アニメの伝説のセル回の真相

結論から言いますとあのセリフは嘘です。

似たようなセリフと掛け合いは実際に存在しますが、あのように何度も同じセリフが放たれたという訳ではないです。

流石にあそこまでの引き伸ばしはドラゴンボールZと言えども違和感ありまくりですからね笑

ただ、このような嘘情報が拡散され、信じられるくらいにはセル編での引き伸ばしが酷かったのも事実…。

実際に例のセリフが放たれたのは『ドラゴンボールZ 第158話 「オレ悩んじゃう!!クリリンの18号破壊工作」』という回です。

セルの「完全体にさえなれば…」というセリフとベジータとの掛け合いは実際にはAパートの序盤で終了している会話です。

この回では主にクリリンのセルによる18号吸収阻止の際の葛藤が描かれています。

18号は第二形態へ至ったセルにとって完全体へと至る為の最後の一手

悟空達はセルの完全体化の阻止を目的としており、クリリンは天才科学者のブルマが開発した人造人間18号の「緊急停止コントローラー」を託されていました。

このコントローラーを使えば18号を無防備な状態にさせる事が可能で、その隙に18号を破壊してしまえばセルの完全体化は阻止できます。

しかし、クリリンは過去のふとした出来事から18号に恋心を抱いており、「緊急停止させて破壊する」という任務に疑問を抱くようになりました。

「セルの完全体化阻止」と「18号への恋心」、どちらを優先させるべきか、というクリリンの葛藤がこの第158話での主な見所です。

セルとベジータの伝説の掛け合いは実際にはありますが序盤で終了しており、あそこまでの引き伸ばしはされていないというのが真相です。

 

ドラゴンボールが引き伸ばしがひどい!?Twitter民の引き伸ばし評判

引き伸ばしはドラゴンボールの名物とも言える表現で今となっては好意的な意見が多いですね!

やはり原作漫画よりもアニメでの尺稼ぎが印象に残っている方が多いみたいです。

ドラゴンボールが引き伸ばし!?伝説のコピペセリフ尺稼ぎの真相は!? まとめ

流石に伝説とまで言われているセル編でのセリフは嘘でしたね。

あの掛け合い自体は嘘なんですが、実際にセル編での引き伸ばしについてはひどい部分もあったので、あの嘘にも何故かリアリティがありましたね!笑

セル編での尺稼ぎというと、ベジータのファイナルフラッシュを放つシーンやラストの悟飯vsセルの時のかめはめ波の気溜めシーンでしょうか。

この辺りは本当に数十分要していた記憶があります。

それでもセル編はドラゴンボールでも屈指の名シーンがあり、非常に熱い展開が多いので何度見ても楽しめますね!

幼少期の頃は引き伸ばしのシーンですらワクワクさせられていたので、やっぱりドラゴンボールはすごい作品ですね。

 

おすすめの記事