十二国記 順番 読みづらい人にオススメの順番!

小野不由美のファンタジー小説「十二国記」。

現在、新潮文庫から最新刊「白金の墟 玄の月」まで出版されており、既刊は書籍の帯にEpisode 0 ~ 8 までのナンバリングがされています。

ナンバリングされていれば、ナンバーに沿って読むというのは自然な流れと思っていました。

ところが、実際には「順番に読むのは読みづらい!」、「私の読み順はこうだ!」とナンバリングに対する反響があるようです。

Episodeナンバーと作品タイトル
0.「魔性の子」
1.「月の影 影の海」(上下巻)
2.「風の海 迷宮の岸」
3.「東の海神 西の滄海」
4.「風の万里 黎明の空」(上下巻)
5.「丕緒の鳥」
6.「図南の翼」
7.「華胥の幽夢」
8.「黄昏の岸 暁の天」
最新刊「白金の墟 玄の月」(全4巻)

読み順はあくまでも個人の自由だと思います。

そこで、今回は「順番に読むのは読みづらい!」という反響について、「読みづらい」と想定される理由ごとオススメの順番を考えます。

※極力、具体的な内容についてのネタバレはないように心がけます

十二国記 順番 読みづらい人にオススメの順番!オススメの読む順番

十二国記を「読み順」や「挫折」といったキーワードで調べてみると、「魔性の子」や「月の影 影の海」が作品名として挙がってきます。

そこで、読みづらさの理由をピックアップし、読みづらさを解消するオススメの順番を考えます。

※特に言及しない作品については、新潮文庫のナンバリングに沿って読むことを前提とします

ホラー小説が苦手!(「魔性の子」)

魔性の子」は、ジャンルとしてはホラー小説に該当します。

そのため、「魔性の子」から読み始めると、そこで読むのをやめてしまうケースがあるようです。

この場合、「月の影 影の海」から「黄昏の岸 暁の天」までをナンバー順に先に読むことをオススメします。

十二国記の世界観と「魔性の子」の前提となる状況知ることができ、「魔性の子」をホラーテイストとは異なったストーリー視点で読むことが期待できます。

ホラータッチの文章については、がんばって乗り越えてください・・・・・・

一冊ずつしっかり理解したい!(「魔性の子」)

魔性の子」には、十二国記の世界観についての具体的な説明の記述がありません

そのため、ある程度の十二国記の前提知識を持って「魔性の子」を最初に読むと、消化不良を起こすケースがあるようです。

この場合、「月の影 影の海」から「黄昏の岸 暁の天」までをナンバー順に先に読むことをオススメします。

十二国記の世界観と「魔性の子」の前提となる状況事前に知ることができます

アニメ版「十二国記」と同じ流れが良い!(「魔性の子」)

アニメ版の「十二国記」を視聴していた場合、最初に「魔性の子」を読むと戸惑うのではないでしょうか?

アニメ版「十二国記」の話をたどる場合、まずは「月の影 影の海」→「風の海 迷宮の岸」→「風の万里 黎明の空」→「東の海神 西の滄海」の順にお読みください。(小説とアニメ版では内容に差異がありますのでご留意ください。)

この場合、「魔性の子」は、「黄昏の岸 暁の天」の後に読むことをオススメします。

「魔性の子」の前提となる状況事前に知ることができます

不遇な描写に耐えられない!(「月の影 影の海」)

魔性の子」を飛ばして「月の影 影の海」から読み始めても、序盤の暗い展開の連続に挫折するケースがあるようです。

そんな時は「風の海 迷宮の岸」と「東の海神 西の滄海」、「図南の翼」を先に読むことをオススメします。

十二国記の世界観だけでも先取りしましょう!

「月の影 影の海」も読み進めやすくなることが期待できます。

不遇は、読み手も乗り越えてください・・・・・・。

十二国記 順番 読みづらい人にオススメの順番!魔性の子は最初か、黄昏の岸 暁の天のあとに読む

個人的には次のような判断基準をオススメします。

「魔性の子」最初に読むか、後から読むか

●全編を通しで読み進め、気になる点は都度読み返す読書スタイルなら最初に読む

1冊ずつ丁寧に読み込む読書スタイルなら「黄昏の岸 暁の天」の後に読む

その理由は、「黄昏の岸 暁の天」を読むことで、「魔性の子」の作品内での出来事が「十二国記」の世界観や時間の流れで理解できるようになるからです。

気になったときに読み返す読書スタイルなら、まずは「魔性の子」を最初に読みます。

そして、「黄昏の岸 暁の天」を読んでいる際に「魔性の子」を思い出したり読み返したりして「そういうことか!」とスッキリ感を味わうのがオススメの読み方です。

1冊ずつ丁寧に読み込む読書スタイルなら、疑問を取り残さないように、「黄昏の岸 暁の天」の後に「魔性の子」を読むことをオススメします。

エゴとエゴがぶつかる複雑なファン心理

小説「十二国記」を誰かにオススメする際、「魔性の子」を読むタイミングについて悩んだり、意見が分かれたりする状況を見受けます。

そこには、前述の読書スタイルで判断した読み解きやすさの他に、「魔性の子」を小説「十二国記」の原点とみているか、外伝とみているかという位置づけの違いもあるように感じます。

次に挙げる見解は、あくまでも、それぞれの位置づけをする言動からの個人的な類推です。

原点派の見解

●「十二国記」の世界は、「魔性の子」の背景世界として作られた

作者自身が当初から「魔性の子」を「十二国記」のプロローグと位置づけ

ホラー小説作家としての小野不由美に重きを置いている

外伝派の見解

●「魔性の子」は、他の小説「十二国記」作品と異なり、ホラーテイスト・ホラータッチの要素が強い作品

●基本的に十二国記の世界観についての説明がない

●「魔性の子」はもともと新潮社からの発行だが、その他の小説「十二国記」初期作品は講談社から当初発行

十二国記 順番 読みづらい人にオススメの順番!忙しい人は本編6エピソードだけって手も

全編を通して読むのはちょっと」という方には、以下の本編6エピソードを読むことをオススメします。

本編6エピソード
0.「魔性の子」
1.「月の影 影の海」(上下巻)
2.「風の海 迷宮の岸」
4.「風の万里 黎明の空」(上下巻)
8.「黄昏の岸 暁の天」
最新刊「白金の墟 玄の月」(全4巻)

ここでも、「魔性の子」を読むタイミングは都度読み返すなら最初1冊ずつしっかり読むなら「黄昏の岸 暁の天」の後です。

なお、上記に含まれない「東の海神 西の滄海」「図南の翼」は単独完結する外伝、「丕緒の鳥」「華胥の幽夢」は短編集です。

黄昏の岸 暁の天を読む前に冬栄だけは…

短編集「華胥の幽夢」に収録されている短編「冬栄は、「風の海 迷宮の岸」と「黄昏の岸 暁の天」の間に位置する短編です。

黄昏の岸 暁の天」を読み始める際にお手元に「華胥の幽夢」があるならば、先に「冬栄」を読むことをオススメします。

「黄昏の岸 暁の天」を、より興味深くお楽しみいただけるのではないでしょうか?

6巻先に読んだあとの外伝と短編集の順番

本編の後に外伝と短編集をお読みいただく場合、まずは、エピソードとして独立完結している外伝2つを先に読むことをオススメします。

この外伝2作は、十二国記の世界観として、本編の6エピソードでは詳しく描かれない部分の世界観も描かれているからです。

その場合、「東の海神 西の滄海」→「図南の翼」の順でお読みいただくことをオススメします。

作中での時系列順であり、共通する登場人物も存在するためです。

短編集の「丕緒の鳥」と「華胥の夢」については、本編と外伝の後でよいのではないでしょうか?

短編ごとに関連する本編・外伝エピソードがあるため、一概に「このタイミングがオススメ」とは申し上げにくいです。

十二国記 順番 読みづらい人にオススメの順番!まとめ

まとめ

●小説「十二国記」は、原則、新潮文庫のEpisodeナンバリング順に読むことをオススメ

「魔性の子」が読みづらい場合、「黄昏の岸 暁の天」の後に読むことをオススメ

「月の影 影の海」が読みづらい場合、「風の海 迷宮の岸」や「東の海神 西の滄海」、「図南の翼」を先に読むことをオススメ

●「魔性の子」は、後から都度読み返せるなら最初に、そうでなければ「黄昏の岸 暁の天」の後に読むことをオススメ

忙しいなら、まずは本編6エピソードだけを読むことをオススメ

本編を読み終えたら、外伝を「東の海神 西の滄海」→「図南の翼」の順で読むことをオススメ

本編、外伝を読み終えたら2つの短編集を読むことをオススメ

 

おすすめの記事